振り込め詐欺
(平成26年2月末)
※暫定値

★お知らせ★
  山口県警では、平成21年2月から、振り込め詐欺に関する犯行手口の名称を改め、県民の皆さんに「分かりやすく」「名称を聞いて手口が想像できる」ようにしました。

 ※ 全国的に用いられる名称は従来と変わりありません。
 戻します詐欺(これまでの「還付金等詐欺」)
 支払え詐欺(これまでの「架空請求詐欺」)
 貸します詐欺(これまでの「融資保証金詐欺」)
 なりすまし詐欺(これまでの「オレオレ詐欺」)
 被害防止のキャッチフレーズは、これらの頭文字を取って
     「もし・・・かな?」と思ったら「振り込め」詐欺
としましたので、よろしくお願いします。
振り込め詐欺の手口が非常によくわかる4コマ漫画コーナーはこちらへ
      振り込め詐欺専用「情報提供メールボックス」はこちらへ
 
○ 振り込め詐欺とは
  被害者にお金を振り込ませる「なりすまし詐欺(オレオレ詐欺)」、「支払え詐欺(架空請求詐欺)」、「貸します詐欺(融資保証金詐欺)」、「戻します詐欺(還付金等詐欺)」を総称して「振り込め詐欺」と呼んでいます。

〜 山口県内での振り込め詐欺被害認知状況 〜
  認知件数 うち未遂 被害金額
平成26年2月末 13件 2件 約1,394万円 
平成25年2月末 5件 0件 約1,413万円 
平成25年中 34件 1件 約9,370万円 
平成24年中 46件 2件 約7,127万円 
平成23年中 38件 0件 約5,573万円 
平成22年中 36件 1件 約3,158万円 
平成21年中 80件 3件 約6,266万円 

※下記「なりすまし詐欺」「支払え詐欺」「貸します詐欺」「戻します詐欺」の件数等の合計です。
※ 平成22年以降は、被害額に払出額を含んでいます

☆ なりすまし詐欺(オレオレ詐欺) 
 家族、親族、官公庁職員などになりすまして、示談金や借金返済、過払い金の手続きなどを名目に、現金を振り込ませたりする手口です。
〜 山口県内でのなりすまし詐欺被害認知状況 〜
  認知件数 うち未遂 被害金額
平成26年2月末 3件 2件 約427万円
平成25年2月末 1件 0件 約100万円
平成25年中 3件 0件 約1,100万円
平成24年中 8件 0件 約1,200万円
平成23年中 21件 0件 約3,142万円
平成22年中 8件 0件 約1,700万円
平成21年中 12件 0件 約1,302万円
※ 平成22年以降は、被害額に払出額を含んでいます
なりすまし詐欺 : 被害にあわないためのポイント
 自分から子供や孫などの名前を言わず先に相手に名乗らせましょう。
 事前に入手した名簿などで家族の名前などを調べていることがあるので注意しましょう。
 不審に思ったときは、本人やその家族に連絡を取って事実を確認してください。
 特に「携帯電話の番号が変わった」、「風邪を引いた(声が変わった)」という知らせには注意してください。
 官公庁職員がキャッシュカードを受け取ることはありません。
「代わりに手続きします。」と言われても
絶対にキャッシュカードを渡さないで下さい。
 警察や弁護士を名乗るときは、その所属する警察署や法律事務所を聞いて、一旦電話を切り、相手方の言う電話番号ではなく、NTTの番号案内(104)などで電話番号を確認してかけなおしましょう。
 事実が確認できない時や不審に思ったときには遠慮なく警察に通報(110番)してください

☆ 支払え詐欺(架空請求詐欺)
 「最終通告書」や「債権回収通告」などといった題名で、「滞納した借金や有料サイトの使用料(登録料や延滞料)を支払わなければ財産を差し押さえる、裁判になる」という葉書や封書、電子メールなどを送りつけ、お金の振り込みを要求する手口です。
〜 山口県内での支払え詐欺被害認知状況 〜
  認知件数 うち未遂 被害金額
平成26年2月末 7件 0件 約845万円
平成25年2月末 2件 0件 約1,186万円
平成25年中 21件 1件 約7,559万円
平成24年中 16件 2件 約3,803万円
平成23年中 12件 0件 約1,851万円
平成22年中 20件 0件 約945万円
平成21年中 41件 3件 約3,576万円
支払え詐欺 : 被害にあわないためのポイント
 利用した覚えがなければ、請求の電話があってもはっきりと断ってください。
 送りつけられた葉書、封書、メール等に記載されている連絡先に連絡しないでください。
 見覚えのない送信元からのメールに表示されているアドレスにアクセス(クリック)しないようにしましょう。
 発送元が裁判所の場合は、電話帳などで確認した裁判所の番号にかけて確認してください。

☆ 貸します詐欺(融資保証金詐欺) 
 「即融資可能!」などといったキャッチフレーズで、葉書、ダイレクトメール、電子メール等を送りつけて融資を持ちかけ、連絡先に電話すると、「融資するためには保証金を振り込んでもらう必要がある」などと言ってお金を振り込ませて騙し取る手口です。
〜 山口県内での貸します詐欺被害認知状況 〜
  認知件数 うち未遂 被害金額
平成26年2月末 0件 0件 0円
平成25年2月末 1件 0件 約27万円
平成25年中 7件 0件 約341万円
平成24年中 12件 0件 約1,167万円
平成23年中 5件 0件 約580万円
平成22年中 6件 0件 約364万円
平成21年中 23件 0件 約1,107万円
貸します詐欺 : 被害にあわないためのポイント
  正規な貸金業者であれば融資を前提にお金を振り込ませることはありません。事前にお金の振り込みを要求するものは要注意です。
  事前に振り込みを要求する名目として、特に多いのは「保証金(人)」、「信用実績(確認)」ですので、注意してください。  
 保証金を納めれば借入金データが抹消され、融資を受けられるというような国の制度はありません。
 送りつけられてきたダイレクトメールや電柱広告の金融会社の中にはヤミ金融も多く含まれているので注意してください。

☆ 戻します詐欺(還付金等詐欺)
 「年金の払い戻しがある」、「電話料金の過払い金を返還する」などと関係機関等を名乗って電話をかけて、被害者を金融機関に赴かせ、携帯電話で連絡を取りながら還付手続きを装ってATMを利用(操作)させ、実際にはお金を振り込ませる手口です。
  ※ ATM〜現金自動預入れ支払機
〜 山口県内での戻します詐欺被害認知状況 〜
  認知件数 うち未遂 被害金額
平成26年2月末 3件 0件 約122万円
平成25年2月末 1件 0件 約100万円
平成25年中 3件 0件 約369万円
平成24年中 10件 0件 約957万円
平成23年中 0件 0件 0万円
平成22年中 2件 0件 約149万円
平成21年中 4件 0件 約281万円
戻します詐欺 : 被害にあわないためのポイント
 役所などが還付手続きでATMを利用(操作)させることはありません。
 還付手続きのためATM設置場所へ行くよう指示する電話は詐欺電話だと疑いましょう。
 お金が返ってくるといった内容の電話を受けた場合に確認する連絡先は、相手が教示した連絡先ではなく、電話帳などで連絡先を調べて、正しい連絡先に確認しましょう。
  ATMの利用限度額を引き下げておけば、万が一騙されたとしても、被害を最小限度に抑えることができます。
  詳しくは、最寄りの金融機関にお問い合わせください。

ちょっと待って、その振り込み!!
振り込め詐欺被害防止音楽コーナー
(音楽がダウンロードできます)
ポリスチャンネル
 
 振り込め詐欺の再現ビデオを見ることができます。
※「ポリスチャンネル」のホームページに繋がります。
被害防止のための講習を実施しています。
〜 振り込め詐欺防止スローガン 〜
◎ 振り込む前に110番!!
☆ 振り込みはその日にするな!
☆ 振り込みは一人でするな  !
山口県警察募集安全・安心川柳の紹介
〜 優秀賞 〜

 「オレオレと 急ぐ相手に 一呼吸」

買え買え詐欺の認知状況はこちら