ホーム 申請・手続古物営業貴金属等を売買する古物商・質屋のみなさんへ

貴金属等を売買する古物商・質屋のみなさんへ

平成20年3月1日より、犯罪収益移転防止法(犯罪による収益の移転防止に関する法律)が施行され、貴金属等を売買する古物商のみなさんは、従来からの古物営業法に基づく義務のほか、
   ○ 本人確認(200万円を超える現金取引)
   ○ 本人確認記録の作成・保存(200万円を超える現金取引)
   ○ 取引記録の作成・保存(200万円を超える現金取引)
   ○ 疑わしい取引の届出(金額や取引種別を問わず)
の義務が課せられています。

タリバーン関係者等の情報を掲載しています。
リストに掲載されている個人や団体との関連が疑われる取引については、必ず疑わしい取引として届出をしてください。

タリバーン関係者等と関連すると疑われる取引の届出について<br />

○ 疑わしい取引の届け出先
   山口県公安委員会
  (営業所所在地を管轄する警察署生活安全係)

(編集 生活安全企画課)