ホーム 交通安全交通事故防止反射材着用率アップチャレンジデーの実施結果発表!

反射材着用率アップチャレンジデーの実施結果発表!

夜間、外出するときに「反射材」を活用していますか?
反射材は、暗い夜道でも光をピカッと反射して、周囲に存在を知らせることが出来る優れものです。

山口県では、平成23年から平成27年までの5年間、夜間の交通事故で命を落とされた歩行者79人のうち、反射材を着用していた方はわずか3人であったことから、平成28年3月から毎月9日を「反射材着用促進の日」として制定しました。

山口県警察でも、県内各地でさまざまなイベントを開催して、多くの方に反射材を手にしてもらい、実際に活用してもらえるように活動していますが、より多くの方に反射材を着用してもらえるよう「反射材着用率アップチャレンジデー」を実施しました。

反射材着用率アップチャレンジデーとは

反射材着用率アップチャレンジデーとは、県内16警察署で実施される各種イベントやキャンペーンにあわせて、夜間歩行者の反射材着用率を調査する行事です。

実施結果

反射材着用率アップチャレンジデーは、予定通り、平成28年9月9日(金)に実施しました。 多数ご参加いただき、ありがとうございました!
実施場所や調査結果についてはこちらです。

例年、秋以降に夜間の交通事故が増加する傾向にあります。
山口県警察では、夜間の交通事故防止のため、ひきつづき反射材の着用促進を呼びかけていきます。
夜間外出の際には、必ず反射材を着用しましょう!
 

毎月9日は反射材着用促進の日

(編集 交通企画課)