ホーム 山口県警の紹介各部の紹介(概要、活動など)警務警察山口県留置施設視察委員会について

山口県留置施設視察委員会について

設置の趣旨

 「刑事収容施設及び被収容者等の処遇に関する法律(平成19年6月1日施行)」に基づき、留置施設運営の透明性と被留置者の適正な処遇を確保するため、警察本部に「山口県留置施設視察委員会」が設置されています。

委員会の組織構成

○  平成19年6月1日に設置され、山口県公安委員会が任命する6人の委員で構成されています。 
○  委員の任期は1年で、2回まで再任が認められています。
○  委員長は、委員の互選により選出されます。
○  委員の身分は、非常勤特別職の地方公務員です。

委員会の権限

 委員会は、留置施設の運営状況を把握するため、県下の留置施設を視察して、その運営に関し、留置業務管理者(署長)に対して意見を述べます。
 また、委員会は、留置業務管理者(署長)から 
○  留置施設の運営の状況について、定期的に、又は必要に応じて情報の提供を受ける
○  視察する場合、委員による被留置者との面接の実施について協力を求める
ことができます。

委員会の意見等の公表

 警察本部長は、毎年、委員会が留置業務管理者(署長)に対して述べた意見及びこれを受けて留置業務管理者(署長)が講じた措置の内容を取りまとめて、その概要を公表します。

reader

(編集 留置管理課)