交通事故の発生状況

【過去5年間の交通事故発生状況】

  平成25年 平成26年 平成27年 平成28年 平成29年 平 均
人身事故件数 248 208 166 191 136 189.8
死  者  数 0 2 1 3 3 1.8
傷  者  数 308 265 206 227 158 232.8
物損事故件数 1,409 1,453 1,440 1,453 1,386 1,428.2

【平成29年中の交通事故の特徴】
■ 発生件数
  人身事故(-55)、傷者数(-69)、死者数(±0)、物損事故件数(-67)
 死者数は昨年同数、他は減少。
■ 発生時間
  7時~10時が30件(22%)、16時~19時が36件(26.4%)と多発。
■ 発生場所
  国道、県道で92件(67.6%)と多発。また、直路61件(44.9%)、交差点及びその付近53件(39%)で多発。
■ 年齢別傷者数
  65歳以上の高齢者42名(30.9%)、40代50代が45名(33.1%)。
■ 事故の形態
  車両相互が107件(78.7%)と多発。

【平成29年12月末現在の交通事故発生状況】

区 分 平成29年12月末 前年比
人身事故件数 136 -55
死  者  数 3 ±0
傷  者  数 158 -69
物損事故件数 1,386 -67

【平成29年12月末現在の人身交通事故の特徴】
〇 車両相互の追突事故が多発している。
〇 高齢者や40代50代が当事者となる事故が多発している。
〇 通勤通学時間帯、薄暮時間帯に多く発生している。

(編集 光警察署)