ホーム 公安委員会の開催概要公安委員会の開催概要(平成29年4月26日)

公安委員会の開催概要(平成29年4月26日)

本日の定例会議では、以下のとおり、審議、決裁を行いました。

委員会議【公安委員のみによる審議】

公安委員会としての各種行事の調整を行うとともに、今後の業務について協議しました。

全体会議【県警察の運営や各種活動、取組等について報告・説明を受け、質疑・応答】

全職員のワークライフバランスの推進に向けた取組の強化について

● 趣旨
  職員一人一人が仕事と私生活を充実させるとともに、県警察を取り巻く様々な課題を解消して組織を維持していくため、全職員が「県民のため」という警察の原点を十分に認識した上、働き方の見直しに不断に取り組むとともに、全職員のワークライフバランスの実現を目指す「警察署チャレンジビジョン」等に取り組むもの。

● これまでの取組状況
 ○ 「現場会計チャレンジビジョン」等への取組
   警察署会計課等において職員一人一人の働き方改革に係る「アクション10」を実践
   → 時間外勤務縮減、休暇取得促進、職員の意識向上に一定の成果を確認

● 本年度の取組
 ○ 「警察署チャレンジビジョン」の実施
  ・ 時間外勤務の縮減
  ・ 休暇取得の促進
  ・ 業務改善の推進
  ・ 仕事の見える化
  ・ 自主的取組の推進
  ・ 複数担当制の導入
  ・ ワンポイントレッスン
  ・ 働きやすい職場環境の整備
  ・ 自己啓発の推進
  ・ 男性職員の育児・家事分担の推進
 ○ 警察署業務検証・改善プロジェクトの実施

学校との連携状況(平成28年度)について

やまぐち児童生徒サポートライン

● 概要
  警察と学校が、児童生徒の問題行動・非行及び被害防止並びに安全確保に関する問題の所在を相互に理解し、連携を密にして一体となって対応することを目的として、山口県内全ての学校と協定を締結し、平成28年4月1日から運用を開始

● 運用状況
 ○ 警察→学校・・・356件(△3)
 ○ 学校→警察・・・192件(△7) 
 ※ 非行少年の減少に伴い連絡の総数は減少

● 効果的事例
 ○ 女子中学生対象の暴行事件の検挙
 ○ 学校内におけるいじめ事案(児童ポルノ製造等)の認知、検挙

● 今後の取組
 ○ 制度の厳正な運用(確実な連絡と保秘の徹底)
 ○ 学校等に対する早期連絡の働きかけ(少年安全サポーターの活用)

少年安全サポーター

● 概要
  警察官OB10人が、県内10市の教育委員会等を拠点に、警察と学校及び関係機関とのパイプ役を担いつつ、少年の非行・被害防止に向けた各種活動を推進

● 活動状況
 ○ 被害防止活動(防犯教室、校外パトロール等)~9,568件(△416)
 ○ 非行防止活動(問題生徒に対する指導、教職員への助言等)~2,918件(+215)
 ○ 連携活動(会議出席、街頭補導等)~2,530件(+475)

● 効果的事例
 ○ 中学校卒業式の警戒活動

● 今後の取組
 ○ 問題生徒の在籍する学校への立ち直り指導活動の強化
 ○ 学校における各種講習の実施

春の行楽期における交通渋滞予測と対策について

● 対策期間
  平成29年4月28日(金)から5月7日(日)までの10日間

● 渋滞予測

● 期間中の対策
 ○ 一般道路における対策
  ■ イベント開催に伴う渋滞対策の徹底
   ※ 主な行事~しものせき海峡まつり(5月3・4日)、日米親善デー(5月5日)
   ・ 主催者等による案内看板の効果的設置、交通整理員の適正配置の推進
   ・ 道路交通情報板等を活用した事前広報及び開催期間中の広報の充実
   ・ 渋滞状況に応じた信号周期の調整
  ■ 交通情報の収集とタイムリーな情報提供の推進
   ・ 道路交通情報板等への交通渋滞・規制情報のタイムリーな掲出
   ・ 道路交通情報センターによる効果的なラジオ広報の実施
  ■ 道路管理者と連携した工事の抑制と連絡体制の確立
   ・ 道路管理者等に対する道路工事の抑制要請と緊急時に備えた連絡体制の確立
 ○ 高速道路における対策
  ■ 渋滞対策要員の増強配置と「見せる活動」の強化
   ・ 非番運用による態勢の確保と本線上における警戒活動の強化
   ・ 渋滞発生予想区間における広報・警戒活動の強化
  ■ 道路管理者等と連携した渋滞事故防止対策の強化
   ・ 交通事故等発生時における迅速な最後尾警戒の実施
   ・ 渋滞発生時における交通情報板等を活用した適切な渋滞広報
   ・ 通行止め発生時における速やかな本線渋滞の解消

意見の聴取等結果報告

運転免許の行政処分に係る意見の聴取等の結果報告、処分理由等の説明を受けた後、処分の審査・決定を行いました。

個別会議【個々具体的な案件の審議、決裁】

(1) 交通指導課長から交通指導取締り関係業務(2件)について報告を受け、決裁しました。
(2) 運転免許課長から審査請求書の受理、審査請求に係る弁明書の作成について報告を受け、決裁しました。
(3) 捜査第一課長から苦情申出への回答について報告を受け、決裁しました。
(4) 警察県民課長から犯罪被害者等給付金支給裁定、審査請求に伴う意見書の受理について報告を受け、決裁しました。
(5) 企画室長から平成29年山口県警察視閲式の開催について報告を受けました。
(6) 留置管理課長から留置関係業務について報告を受けました。
(7) 監察官室次長から春の勲章伝達式の開催について報告を受けました。
(8) 人身安全対策課次長からストーカー規制法に基づく警告の実施について報告を受け、決裁しました。
(9) 組織犯罪対策課長から山口県公安委員会事務の専決状況(1~3月中)について報告を受け、決裁しました。
(10) 国際テロリズム対策室長から警察職員等の援助要求について報告を受け、決裁しました。
(11) 運転管理課長から審査請求書の受理(2件)、審査請求に係る弁明書の作成、審査請求の取り下げ、山口県公安委員会事務の専決状況(3月中)について報告を受け、決裁しました。

(編集 総務課)