ホーム 公安委員会の開催概要平成27年公安委員会の開催概要(平成27年1月7日)

公安委員会の開催概要(平成27年1月7日)

 本日の定例会議では、以下のとおり、審議、決裁を行いました。

委員会議【公安委員のみによる審議】

 公安委員会としての各種行事の調整を行うとともに、今後の業務について協議した。

全体会議【県警察の運営や各種活動、取組等について報告・説明を受け、質疑・応答】

初詣等の雑踏警備状況について

神社
 
公営競技場
 
交通機関
 
 
 

長門市における高病原性鳥インフルエンザの発生に伴う警察措置について

● 発生状況
 1 発生場所
   山口県長門市農場
   ※ 肉用種鶏(鶏卵・鶏肉の生産用)を飼養
 2 認知に至る経緯
  ○ 12月28日(日) 鶏4羽の死亡を確認
  ○ 12月29日(月) 鶏17羽の死亡を確認、農場関係者が県に通報
   ※ 簡易検査の結果、「陽性」を確認
   ※ 遺伝子検査(PCR検査)の結果、「陽性」を確認
  ○ 12月30日(火) 国が高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜と判定
  ○ 12月31日(水) 当該鳥インフルエンザウィルスが「H5N8亜型」と判明

● 県の対応
 1 対策会議等の開催
  ○ 12月29日(月)
    山口県高病原性鳥インフルエンザ対策連絡会議開催
  ○ 12月30日(火)
    第1回山口県高病原性鳥インフルエンザ対策本部会議開催
  ○ 1月1日(木)
    第2回山口県高病原性鳥インフルエンザ対策本部会議開催
 2 防疫措置
  (1) 殺処分
     12月30日(火)
  (2) 消毒等
   ○ 12月30日(火)、移動・搬出制限区域及び現場周辺13か所の消毒ポイントを設定
   ○ 1月1日(木)、鶏舎(10棟)内の鶏糞回収及び消毒措置が終了
   ○ 殺処分した鶏を焼却容器(ドラム缶等)に収容し、焼却処分

● 警察の対応
 1 事案の認知
   12月29日(月)、県畜産振興課からの簡易検査結果の連絡で認知
 2 体制の確立
  (1) 警察本部
     関係課の担当者による「連絡室」を設置
  (2) 長門警察署
     「署対策室」を設置
 3 県の防疫措置に対する支援
  (1) 消毒ポイント13か所を含む発生農場周辺における重点警戒
  (2) 大型輸送車による県職員の現地への輸送支援

 

平成26年中の交通事故の状況について

全国の交通事故発生状況
 
中国管区内の交通事故死者数
 
山口県の交通事故発生状況
 

  ○ 発生件数は、平成12年から15年連続して減少
  ○ 死者数は、過去最少であった平成24年の56人に次ぐ58人
  ○ 負傷者数は、平成13年から14年連続して減少

交通事故の推移

交通事故の推移

平成26年中の主な取組

1 高齢者対策
 ○ 「運転卒業証制度」による運転免許自主返納の促進
 ○ 「交通安全定期診断」の継続実施

2 速度抑制対策
 ○ 「速度管理の考え方」・「速度取締り指針」の策定・公表による交通事故抑止に資する交通指導取締り
 ○ 「スピードダウン運動」の実施

3 高速道路事故多発区間における交通事故抑止対策

公安委員の発言

 交通事故の死者数が減少しているのは素晴らしい。説明のあった工夫を凝らした施策が功を奏したと思う。今後も交通事故が減少するように頑張っていただきたい。

意見の聴取等結果報告

 運転免許の行政処分に係る意見の聴取等の結果報告、処分理由等の説明を受けた後、処分の審査・決定を行った。

個別会議【個々具体的な案件の審議、決裁】

(1) 監察官から監察業務に関する報告を受けた。
(2) 取調べ監督管理室長から取調べ監督管理業務に関する報告を受けた。
(3) 会計監査官から平成26年度上半期定期監査の結果について報告を受け、決裁した。
(4) 交通規制課長から山口宇部道路の非常設備設置状況等について報告を受けた。
(5) 公安委員会会務官から山口県公安委員会に対する申出の受理及び宇部警察署協議会委員後任候補者について報告を受け、選考の上、決裁した。
(6) 総務課長から警察署長会議の開催要領等について報告を受けた。

(編集 総務課)