ホーム 公安委員会の開催概要平成27年公安委員会の開催概要(平成27年4月22日)

公安委員会の開催概要(平成27年4月22日)

本日の定例会議では、以下のとおり、審議、決裁を行いました。

委員会議【公安委員のみによる審議】

公安委員会としての各種行事の調整を行うとともに、今後の業務について協議した。

全体会議【県警察の運営や各種活動、取組等について報告・説明を受け、質疑・応答】

警備保障会社との「地域の安全対策に関する覚書」の交換について

● 趣旨
  近年、事業者等が防犯CSR活動(企業の社会的責任:防犯関係の社会貢献活動)に取り組んでいるが、これまで、犯罪被害防止講習を独自に取り組んできた警備保障会社が、更なる活動の発展を目指し、県警察との協議及び覚書の取り交わしにより、緊密な協力関係に基づいた発展的な活動を推進し、犯罪の起きにくい社会づくりを図るもの

● 覚書交換日
  平成27年3月26日(木)

● 事業者等
  周南市御幸通在
   綜合警備保障株式会社(ALSOK)山口支社

● 覚書の概要
 ■ 各種犯罪被害防止講習の開催等
  ○ 講習の共同開催
   ・ 警察と連携した、子供、女性、高齢者に対する講習の開催及び広報啓発活動の実施
   ・ 警察から事業者に対する県内の犯罪発生情報や防犯情報等の提供、助言等の支援
  ○ 防犯ボランティア活動への協力
   ・ 社員を活動に従事させたい意向  
   ・ 警察本部における各地域の防犯ボランティア活動への参加調整
 ■ 警察への情報提供
   事件事故や人身の安全を確保する必要があると認められる事案に対する、警察照会に基づいたドライブレコーダーの記録情報の提供等
 

 

● 効果等
 ○ 同業者による県警察へのアプローチ
 ○ 全国警察からの問い合わせ
 ○ 他の防犯CSR活動の活性化

● 今後の方針
 ○ 事業者と連携した犯罪被害防止講習等の充実とフォローアップ
 ○ 業界単位による活動の充実
 ○ 防犯CSR活動の発展的推進

狩猟期における猟銃等に係る事件・事故の防止と取締りの実施結果について

 

● 実施期間
  平成26年11月1日(土)から平成27年3月31日(火)までの間

● 狩猟期間
 ○ イノシシ・ニホンジカ~平成26年11月1日から平成27年3月31日まで
 ○ 上記以外の狩猟鳥獣~平成26年11月15日から平成27年2月15日まで

● 主要施策
 ○ 広報・指導
  ・ ラジオ広報や警察広報紙等による狩猟事故防止の呼びかけ
  ・ 猟友会員に対する事故防止指導
 ○ 県下一斉取締り
  ・ 警察職員、知事部局職員、猟銃安全指導委員による合同巡回
  ・ 猟場30箇所、検問18箇所、延べ88人体制

● 実施結果
 ○ 猟銃事故~発生なし
 ○ 検挙~銃刀法等9件

航空隊と機動隊による合同救助訓練の実施について

● 目的
  航空機のホイストを使用した救助訓練を実施し、操縦士、ホイスト操作員、救助隊員相互の連携と救助知識・技能の向上を図るもの。

● 実施年月日
  平成27年4月23日(木)

● 実施場所
  航空隊格納庫、きらら浜訓練場

● 実施者
  航空隊6名、機動隊員4名(新救助隊員2名含む)

● 訓練内容
 ○ 地上訓練
  ・ ホイスト操作員と救助隊員の連携要領と安全確認要領
  ・ 各種救助用具の装着要領、機内収容要領等
 ○ 実機訓練
  ・ 救助隊員の単独降下・吊り上げ訓練
  ・ 要救助者の単独吊り上げ訓練
  ・ 救助隊員と要救助者の同時吊り上げ訓練

 
 
 

● その他
 ○ 今年度の訓練計画
  ・ 合同訓練 8回
  ・ 単独訓練 5回

 ○ 救助事例
  ・ H23 山口署 登山者2名 ホイスト
  ・ H20 防府署 登山者1名 ホイスト
  ・ H 7 周南署 行方不明者1名 着陸

山口県議会議員選挙における詐偽投票事件の検挙について

 下松警察署は、4月19日、40代男性2名を公職選挙法違反(詐偽投票)で通常逮捕しました。

● 事案概要
  被疑者らは、30歳代女性と40歳代男性と共謀し、平成27年4月12日施行の山口県議会議員一般選挙に際し、他人になりすまして投票しようと企て、同月10日、下松市役所内に設置された期日前投票所において、前記30歳代女性が、投票所係員に対し、他人名義の投票所入場券や期日前投票宣誓書兼請求書を提出し、係員から投票用紙1枚の交付を受け、投票したもの。

● 捜査の経緯
  平成27年4月10日、下松市選挙管理委員会からの署通報を受けて捜査を開始、所要の捜査により被疑者らの犯行を特定し、通常逮捕したもの。
  
  

「2015無事故・無違反コンテスト150」の実施について

● 実施目的
  県内のドライバーを対象として、チーム単位の無事故・無違反コンテストを行い、参加者はもとより、県民全体の安全運転の習慣付けと交通安全意識の高揚を図り交通事故を防止する。

● 主催
  交通安全山口県対策協議会(会長 山口県知事)

● 実施期間
  平成27年7月4日(土)~同年11月30日(月)の150日間
   ※ 募集(受付)期間:4月3日(金)~7月1日(水)

● 実施概要
 ○ 参加資格
   山口県内に居住又は県内の事業所で稼動するドライバー
 ○ チーム構成等

 
 

 ○ 申込方法
  ・ 参加費をゆうちょ銀行(郵便局)で払込
  ・ 申込書を警察署、市役所・町役場(一部総合支所を含む)の担当窓口に提出
 ○ 審査方法・参加者への通知
  ・ 「運転記録証明書」で交通違反・事故の有無を確認し審査
  ・ 「運転記録証明書」及び「達成・未達成通知状」を送付
 ○ 副賞等
   無事故・無違反達成チームの中から、抽選で県産品・商品券等を進呈(抽選:H28年2月中旬) 

平成27年春の勲章伝達式の実施について

● 実施日時
  平成27年5月8日(金)午前10時30分から午前11時まで

● 実施場所
  警察本部

● 受章者
  危険業務従事者叙勲受章者~27名
   ○ 瑞宝双光章~18名
   ○ 瑞宝単光章~9名 

● 出席者
  公安委員会委員長
  警察本部長、各部長(情報通信部長を除く)、首席監察官、学校長

意見の聴取等結果報告

運転免許の行政処分に係る意見の聴取等の結果報告、処分理由等の説明を受けた後、処分の審査・決定を行った。

個別会議【個々具体的な案件の審議、決裁】

(1) 警察県民課長から審査請求の受理に係る弁明書の提出要求について報告を受け、決裁した。
(2) 監察官から監察業務について報告を受けた。
(3) 監察官室次長から勲章伝達式の実施要領について報告を受けた。
(4) 生活安全企画課長から山口県公安委員会事務の専決状況(3月中)について報告を受け、決裁した。
(5) 組織犯罪対策課長から山口県公安委員会事務の専決状況(1月~3月)について報告を受け、決裁した。
(6) 交通規制課長から交通規制の実施について報告を受け、決裁した。
(7) 運転免許課長から山口県公安委員会事務の専決状況(3月中)及び免許関係事務委託の公示について報告を受け、決裁した。
(8) 公安委員会会務官から警察署協議会委員改選に伴う候補者取りまとめについて報告を受け決裁した。

(編集 総務課)