ホーム 公安委員会の開催概要公安委員会の開催概要(平成28年3月9日)

公安委員会の開催概要(平成28年3月9日)

本日の定例会議では、以下のとおり、審議、決裁を行いました。

委員会議【公安委員のみによる審議】

公安委員会としての各種行事の調整を行うとともに、今後の業務について協議しました。

全体会議【県警察の運営や各種活動、取組等について報告・説明を受け、質疑・応答】

「アクティブ・サポート・プラン」の推進について

● 概要
  問題を抱えた少年に対する立ち直り支援活動を充実・強化することにより、少年の再非行・再被害等の防止を図り、もって少年の健全育成を推進するもの。

● 運用開始
  平成28年4月1日

● スローガン
  いいとこ見つけて、いいとこ伸ばそう

● 現状・課題

 
 

 ○ 課題
  ・ サポートセンター員配置署以外での立ち直り支援活動が低調
  ・ 真に支援を必要とする少年(被害少年等)への対応が不十分

● 対象少年
  非行を犯し、又は犯罪の被害を受けた少年など、問題を抱えた少年のうち、保護者の同意の上、警察が支援を行うことにより、立ち直りが期待できると認められる少年

● 支援類型
 ○ 地域社会に溶け込む支援活動
   地域行事への参加による住民とのコミュニケーションの形成等
 ○ 家族との絆を深める支援活動
   少年に目を向けさせるための保護者への働きかけ等
 ○ 学習意欲の向上を図る支援活動
   勉学の遅れを取り戻し将来への希望の付与等
 ○ 就労意欲の向上を図る支援活動
   職場体験を通じた自己達成感と存在価値の意識付け等
 ○ その他少年の立ち直りに資する支援活動
   警察職員による指導・助言等

● 期待される効果
 ○ 規範意識の向上による非行(再非行)の防止
 ○ 立ち直りの阻害要因である不良交友関係の解消(非行集団の解体)
 ○ 心身に大きく影響を受けた被害少年への健全育成

● これまでの取組事例
 ○ 中学生の不良グループに対する支援~不良交友関係の解消
 ○ 不良行為少年(無断外泊)に対する支援~家族の絆強化、進学支援
 ○ いじめや生徒間暴力を繰り返す少年に対する支援~就労支援

山口宇部道路「小郡ジャンクション」供用開始に伴う安全対策について

 

● 概要
  県が建設を進めている山口宇部道路(県道山口宇部線)と中国自動車道を結ぶ小郡ジャンクションが完成し、3月27日(日)に供用開始となるもの。

● 交通安全対策
  小郡ジャンクション建設に伴う道路協議にあたり、交通管理上の申し入れを行い、道路管理者において各種安全対策を実施
 ○ 誤進入防止のための安全対策
  ・ 方向別レーンの着色
  ・ 案内矢印の着色
  ・ 補助看板の設置
  ・ 方面別路面標示の設置
 ○ 合流地点の安全対策
  ・ 「合流注意」看板の設置
  ・ ポストコーン及び大型矢印標示の設置
 ○ 緊急連絡路の確保
   交通事故等が発生した場合、管理基地から山口宇部道路に進入する経路を確保

● 整備効果
 ○ 高速交通拠点への連絡強化
 ○ 国道9号(山口市朝田~嘉川間)の交通量の抑制

● 今後の対応
 ○ 交通流の変化に応じた交通管制の運用
 ○ 緊急事案発生時の迅速な対応

● その他
  供用開始に伴う開通式典及び記念行事の開催
  日時~平成28年3月27日(日)午前10時から
  場所~小郡ジャンクション小郡料金所付近

「六代目山口組・神戸山口組対立抗争集中取締本部」の設置について

● 山口県警察本部は、3月8日「六代目山口組・神戸山口組対立抗争集中取締本部」を設置しました。同取締本部は、警察本部長を取締本部長、刑事部長を副本部長とし、今後、県下16警察署においても、速やかに対立抗争集中取締本部を設置し、警察本部と各警察署が一体となり、警察の総力を挙げて取り組むこととしています。
 集中取締りに当たっては、対立抗争事件に発展するような前兆事案を含め、両団体の更なる関係個所の警戒、情報収集と取締りを徹底し、対立抗争事件の未然防止と組織の弱体化を図ることとしています。

意見の聴取等結果報告

運転免許の行政処分に係る意見の聴取等の結果報告、処分理由等の説明を受けた後、処分の審査・決定を行いました。

個別会議【個々具体的な案件の審議、決裁】

(1) 監察官から監察業務(6件)について報告を受けました。
(2) 少年課長から山口県学校警察間相互連絡制度に関する協定の締結について報告を受け、決裁しました。
(3) 会計監査官から訓令に基づく会計監査の実施結果(平成27年度下半期)、山口県情報公開条例に基づく開示請求への対応について報告を受け、決裁しました。
(4) 警察県民課長から山口県警察被害者等支援心理カウンセラーの新規採用について報告を受け、決裁しました。
(5) 留置管理課長から山口県公安委員会内規(留置管理関係)の改正について報告を受け、決裁しました。
(6) 首席監察官から監察業務について報告を受け、決裁しました。
(7) 警務課長から警務業務関係について報告を受けました。
(8) 生活安全企画課長から風営法改正に伴う審査基準の改定、山口県公安委員会の権限に属する事務の専決等に関する規定の一部改正について報告を受け、決裁しました。また、警備会社による警備業法違反事件について報告を受けました。
(9) 地域企画課長から長府警察署土居の内交番の移転整備について報告を受け、決裁しました。
(10) 交通企画課長から安全運転管理者等講習業務委託に係る入札参加資格認定、山口県公安委員会事務の専決状況(2月中)について報告を受け、決裁しました。
(11) 交通規制課次長から道路交通情報提供業務委託に係る資格認定、パーキングチケット発給設備管理業務委託に係る入札参加資格認定、山口県公安委員会事務の専決状況(2月中)について報告を受け、決裁しました。
(12) 運転免許課長から運転免許関係業務委託に係る入札参加資格認定、指定教習所管理者資格認定及び管理者証の交付について報告を受け、決裁しました。
(13) 警備課長から警察職員等の援助要求、山口県公安委員会事務の専決状況(2月中)について報告を受け、決裁しました。
(14) 監察官から監察業務(2件)について報告を受けました。
(15) 運転管理課長から停止処分者講習等業務委託に係る資格認定、運転免許取消処分に対する異議申立書の受理、運転免許停止処分に対する審査請求に係る弁明書の受理、運転免許取消処分に対する異議申立書に係る補正書の受理について報告を受け、決裁しました。
(16) 公安委員会会務官から苦情申出の受理、岩国警察署協議会委員の選任について報告を受け、決裁しました。

(編集 総務課)