ホーム 公安委員会の開催概要公安委員会の開催概要(平成28年4月20日)

公安委員会の開催概要(平成28年4月20日)

本日の定例会議では、以下のとおり、審議、決裁を行いました。

全体会議【県警察の運営や各種活動、取組等について報告・説明を受け、質疑・応答】

春の行楽期における雑踏事故等の防止対策について

● 趣旨
  春の行楽期には、県内各地で祭礼等の行事が開催されるほか、観光地等にも多数の人出が予想されることから、関係警察署において所要の警備体制を確立し、雑踏事故等の未然防止を図るもの。

● 期間
  平成28年4月29日(金)から5月8日(日)までの10日間

● 主要行事

● 対策
 ○ 雑踏事故等防止対策
  ■ 雑踏事故の防止
   ・ 主催者等に対する事前指導の徹底
   ・ 的確な警備計画の策定
   ・ 関係機関との協力
   ・ 的確な雑踏警備の実施
   ・ 効果的な広報活動の実施
   ・ 幹部による現場指揮等の徹底
  ■ 公営競技施設における紛争事案等の防止
  ■ 無人航空機への対応
  ■ テロ等への警戒
他、大型行事である日米親善デー、しものせき海峡まつりにおいて現場対応を実施 
 

「2016無事故・無違反コンテスト150」の実施について

● 実施目的
  県内のドライバーを対象として、チーム単位の無事故・無違反コンテストを行い、参加者はもとより、県民全体の安全運転の習慣付けと交通安全意識の高揚を図り交通事故を防止する。

● 主催
  交通安全山口県対策協議会(会長~山口県知事)

● 実施期間
  平成28年7月4日から同年11月30日の150日間
  ※ 募集(受付)期間~4月4日から7月1日

● 実施概要
 ○ 参加資格
   山口県内に居住又は県内の事業所で稼動するドライバー
 ○ チーム構成等

 ○ 申込方法
  ・ 参加費をゆうちょ銀行(郵便局)で払込
  ・ 申込書を警察署、市役所・町役場(一部総合支所を含む)の担当窓口に提出
 ○ 審査方法・参加者への通知
  ・ 「運転記録証明書」で交通違反・事故の有無を確認し審査
  ・ 「運転記録証明書」及び「達成・未達成通知状」を送付
 ○ 副賞等
   無事故・無違反達成チームの中から、抽選で県産品・商品券等を進呈(抽選:H29年2月中旬)

外為法違反(北朝鮮向け無承認輸出)事件の起訴について

● 京都府・島根県・神奈川県警察と合同捜査のうえ、2月18日、外国為替及び外国貿易法違反で逮捕した40歳代男性が、同罪違反で起訴されたもの。

● 事件概要
  被告人は、経済産業大臣の承認を受けることなく、東京港において厨房用品や日用品等を船積みさせ、北朝鮮に輸出するための経由地としてシンガポール共和国に向けて輸出したもの。

個別会議【個々具体的な案件の審議、決裁】

(1) 会計監査官から審査請求に伴う山口県情報公開審査会への諮問について報告を受け、決裁しました。
(2) 監察官室次長から春の勲章伝達式の開催について報告を受け、決裁しました。
(3) 生活安全部参事官からストーカー規制法に基づく警告の実施について報告を受け、決裁しました。
(4) 交通指導課長から山口県公安委員会事務の専決状況(3月中)について報告を受け、決裁しました。
(5) 運転免許課長から、山口県公安委員会事務の専決状況(3月中)、平成28年度免許関係事務委託の公示について報告を受け、決裁しました。
(6) 公安課長から警察職員等の援助要求について報告を受け、決裁しました。
(7) 警備課長から警察職員等の援助要求(3件)について報告を受け、決裁しました。
(8) 公安委員会会務官から下松警察署協議会委員の委嘱について報告を受け、決裁しました。

(編集 総務課)