ホーム 公安委員会の開催概要公安委員会の開催概要(平成28年6月8日)

公安委員会の開催概要(平成28年6月8日)

本日の定例会議では、以下のとおり、審議、決裁を行いました。

委員会議【公安委員のみによる審議】

公安委員会としての各種行事の調整を行うとともに、今後の業務について協議しました。

全体会議【県警察の運営や各種活動、取組等について報告・説明を受け、質疑・応答】

無施錠による自転車盗被害防止対策の強化について

● 現状

 

● 課題
 ○ 無施錠による自転車盗被害率が全国平均を大きく上回る
 ○ 高校生の無施錠被害の割合が高い

● 強化期間
  平成28年6月9日から同年10月20日までの間

● 主な取組
 ○ 覚書の交換(6月9日)
  ■ 調印団体
   ・ 山口県自転車軽自動車商協同組合
   ・ 一般社団法人山口県防犯設備士協会
  ■ 推進事項
   ・ 無施錠による被害防止に向けた各種取組
   ・ 防犯に配意した環境(防犯カメラ、防犯建物)の整備
   ・ 顧客等に対する各種防犯広報及び助言
   ・ 事件、事故等認知時の情報提供 等
 ○ 自転車盗難被害防止コンクールの開催(7~9月)
   「通称:KEY-LEAGUE(キー・リーグ)」
  ■ キャッチフレーズ
    君たちがキーマン!犯罪総量抑止大作戦~鍵かけての夏~
  ■ 対象
    県内の公・私立高校
  ■ 推進事項
   ・ 校内駐輪場等における施錠点検
   ・ 声かけによる施錠意識の啓発
   ・ チラシ等の制作、配布
   ・ 自転車盗被害防止のための開発、提案 等
  ■ 表彰
    優秀校を表彰

夏期における水難事故防止対策について

● 目的
  例年7~8月は、学校の夏休みや海開き期間と重なり、子供を含めた多くの人が海や河川等に海水浴やレジャー等に出掛け、水難事故の発生が懸念されることから、水難事故防止のための各種取組を推進するもの。

● 実施期間
  平成28年7月から8月までの2か月間

● 取組事項 
 ○ 警察本部における取組
  ■ 教育機関に対する協力依頼
     県学校安全・体育課及び学事文書課への協力依頼文の発出
  ■ 救急法実戦塾の開催
     各署の救急法指導員等を対象に本部救急法指導員による心肺蘇生法実技指導を実施
  ■ 広報活動の推進
     地域企画課担当補佐がラジオ番組に出演して水難事故防止広報を実施
 ○ 警察署における取組 
  ■ 事前対策
   ・ 各警察署長名による管内の小・中・高等学校に対する協力依頼文の発出
   ・ 水難事故危険場所等の実態把握の徹底
   ・ 広報活動の推進
   ・ 関係機関等との連携
   ・ 水難救助技能向上のための教養訓練の実施
  ■ パトロール活動の強化
    「パトロール・スポット」の設定と警らの強化
  ■ 事案発生時の適切な措置
   ・  迅速的確な救助活動の推進
   ・ 消防、海上保安庁及び医療機関等との緊密な連携

● 昨年同期の発生状況等
 ○ 発生状況

 
 

 ○ 死者の特徴
  ・ 年齢別 70代以上4人(最高齢94歳)、10代2人(高校生)、50代2人、60代1人
  ・ 場所別 海5人、河川4人
  ・ 行為別 水泳中3人、魚取り・釣り中3人、その他3人

矯正施設における特定失効者に対する運転免許試験の実施について

● 趣旨
  被収容者にとって運転免許は、社会復帰のために欠かせない資格の一つであることに鑑み、被収容者の権利保護と円滑な社会復帰を目的として、矯正施設内で特定失効者に対して運転免許試験を実施するもの。

● 特定失効者に対する免許試験
 ○ 免許の有効期限を海外旅行・災害等の理由により失効し、3年以内の者
 ○ 試験は、適性試験のみで学科・実技は免除

● 試験内容等
 ○ 試験・講習内容
  ・ 試験は、視力・聴力・運動能力のみ実施
  ・ 講習は、優良・一般合同講習及び違反・初回合同講習を実施
    (法改正により、平成27年から優良・一般講習も実施)

 

意見の聴取等結果報告

運転免許の行政処分に係る意見の聴取等の結果報告、処分理由等の説明を受けた後、処分の審査・決定を行いました。

個別会議【個々具体的な案件の審議、決裁】

(1) 警察県民課次長から審査請求に係る弁明書の送付及び反論書の提出要求について報告を受け、決裁しました。
(2) 教養課次長からブロック別教養・訓練の実施について報告を受けました。
(3) 監察官から監察関係業務について報告を受けました。
(4) 生活安全部参事官からストーカー規制法に基づく警告の実施(2件)について報告を受け、決裁しました。
(5) 交通企画課長から山口県公安委員会事務の専決状況(5月中)について報告を受け、決裁しました。
(6) 警備課長から警察職員等の援助要求(2件)について報告を受け、決裁しました。
(7) 監察官室次長から監察関係業務について報告を受けました。
(8) 公安委員会会務官から苦情申出の受理、宇部警察署協議会委員の辞職願、宇部警察署協議会委員の推薦について報告を受け、決裁しました。
(9) 生活安全企画課長から改正風営法施行に伴う審査基準、処分基準の改正、苦情申出への回答について報告を受け、決裁しました。

(編集 総務課)