ホーム 公安委員会の開催概要公安委員会の開催概要(平成28年7月20日)

公安委員会の開催概要(平成28年7月20日)

本日の定例会議では、以下のとおり、審議、決裁を行いました。

委員会議【公安委員のみによる審議】

公安委員会としての各種行事の調整を行うとともに、今後の業務について協議しました。

全体会議【県警察の運営や各種活動、取組等について報告・説明を受け、質疑・応答】

犯罪の起きにくい社会づくりの推進状況(1~6月)について

 
 

● 対策推進状況
 ○ 犯罪の起きにくい社会づくりの推進状況
  ・ 無施錠による自転車盗被害防止対策の強化
  ・ 防犯ボランティアの活性化対策
  ・ 防犯カメラの設置
 ○ うそ電話詐欺対策の推進状況
  ・ 平成28年度振り込め詐欺等被害防止コールセンター開設
  ・ 県推進協議会における県民運動としての推進の確認
  ・ うそ電話詐欺緊急対策

● 今後の取組等
 ○ 「自転車盗難被害防止コンクール」等自転車盗被害防止対策の推進
 ○ 夏季のうそ電話詐欺被害防止対策
 ○ 防犯CSR活動の促進

人身安全関連事案の取扱状況(1~6月)について

● 取扱い件数

 

● 対応状況
 ○ ストーカー事案
  ・ ストーカー規制法違反事件の検挙6件
  ・ 文書警告後の行為の再発なし
  ・ 公費負担によるホテル等への一時避難
  ・ 近況確認等継続対応
 ○ 配偶者暴力事案
  ・ DV防止法違反事件の検挙3件
  ・ 公費負担によるホテル等への一時避難
  ・ シェルター等への入所避難
  ・ 近況確認等継続対応
 ○ 児童虐待事案
  ・ 通告児童数は、過去最多の前年を更に上回る状況で推移
  ・ 児童虐待に伴う傷害事件検挙
  ・ DV関連の虐待のうち、面前DVの心理的虐待が約7割

● 今後の対応
 ○ 相談等の業務に対応する警察官の対処能力の向上
 ○ 警察署と人身安全対策本部との更なる連携強化
 ○ ストーカー行為者に関する地域精神科医療等との連携強化
 ○ 児童相談所、市町、学校等関係機関との連携及び情報共有の徹底
 

県下通信指令・無線通話技能競技会の開催について

● 目的
 ○ 通信指令・無線通話技能の更なる向上
 ○ 全国通信指令・無線通話技能競技会出場選手の選考

● 開催年月日
 ○ 予選会
   平成28年7月25・26日
 ○ 本選会
   平成28年8月4日

● 競技会参加者
  県下16署、各署2名(警察署通信室員役1名及び現場警察官役1名)

● 競技内容等
  想定事案に基づき、制限時間内で通信指令及び無線通話等を実施

● 審査
  無線通話技能、事件指揮、事故防止指示、事情聴取、現場措置、報告、手配、記録等について審査し総合評価

● 全国大会出場選手候補の選考
  全国大会に出場する適任者を選考
  

「総合サイクルイベント All Yamaguchi Ride Festa」開催に伴う交通対策について

● 開催趣旨
  「サイクル県やまぐち」のイメージを創出するとともに県民のサイクルスポーツへの意識醸成を目的として、幅広い年齢層の人々が、様々なジャンルのサイクルスポーツを楽しめるために開催するもの。

● 開催概要

 

 ○ その他のイベント
   ポタリング(自転車での散歩)~8月27日(土)・28日(日)
   ・ 歴史地区などを周遊する短距離の自転車散歩
   ・ 一般観光客向けや親子向けなどのコース

● 対策項目
 ○ 競技開催時における参加選手及び一般観衆等の安全確保
 ○ 公道利用の場合の交通規制等
 ○ 道路利用者等に対する周知広報

● 対策要領等
 ○ 藩庁門タイムトライアルinやまぐち
  ・ 概要
    県庁構内にコースを設定(1周約2Km)し、個人タイムを競うもの。
  ・ 交通規制
    道路管理者(山口県)が管理権に基づき一般交通を遮断するため、道路交通法の適用なし
 ○ 維新やまぐちクリテリウム
  ・ 概要
    パークロード(早間田交差点~県庁前交差点)に1周約1Kmのコースを設定して、プロ・アマのライセンス別に1組約40名(台)で15~40周を周回して順位を競うもの。
  ・ 交通規制
    署長権限による車両通行止め規制を実施
    コース内の道路性排除対策を指導徹底
 ○ 秋吉台~山口サイクリング
  ・ 概要
    秋吉台リフレッシュパークをスタートし、秋吉台道路(カルストロード)、国道316号及び山口秋吉台公園自転車道等を経由後、県庁前で折り返し、復路は国道9号及び国道435号等を経由して秋吉台リフレッシュパークまで戻って来るもの(100Kmのロングコース)
  ・ 交通規制
    主要交差点における信号操作、警戒等を所轄警察署と検討中

● 対応方針等
 ○ 県警は、各種イベントに対し、オブザーバーの立場で関与
 ○ 各種イベント開催には、地域活性化等に資する道路利活用として対応
 ○ 開催地管轄警察署との連携強化
 ○ 公道を利用する場合の主催者、参加者への指導徹底

機動隊の活動状況(1~6月)について

● 主要事案
 ○ 警衛警備
  ・ ケリー米国務長官来県に伴う警護等
  ・ オバマ米国大統領来県に伴う警護等
 ○ 災害警備
  ・ 熊本地震災害に伴う広域緊急援助隊出動
  ・ 下関市河川氾濫に伴う行方不明者捜索
 ○ 捜査支援
  ・ 潜水捜索出動

● 主要訓練
 ○ テロ対策訓練
  ・ 徳山・下松港におけるテロ対策訓練
  ・ 山口地区パートナーシップテロ対策訓練
  ・ 陸上自衛隊との共同実動訓練
 ○ 緊急事態対策訓練
  ・ 爆処理訓練
  ・ 銃器対策訓練
  ・ NBC対応訓練
 ○ 災害救出訓練
  ・ 十種ヶ峰における山岳救助訓練
  ・ 2016年山口県総合防災訓練
 ○ 山岳潜水訓練
  ・ 高知県陸上自衛隊レンジャー訓練
  ・ 佐波川における消防との合同潜水捜索訓練
  ・ 横須賀市における潜水派遣訓練

● 今後の活動方針
 ○ 具体的な状況を想定した実戦的訓練の反復実施
 ○ 管区機動隊・第二機動隊等との合同警備訓練による部隊間の連携強化及び消防・自衛隊等との合同訓練による関係機関の連携強化
 ○ 大規模災害派遣等の出動時における自活能力の向上

 

意見の聴取等結果報告

運転免許の行政処分に係る意見の聴取等の結果報告、処分理由等の説明を受けた後、処分の審査・決定を行いました。

個別会議【個々具体的な案件の審議、決裁】

(1) 警察県民課長から審査請求の受理及び弁明書の提出要求(4件)、審査請求に伴う山口県情報公開審査会への諮問(2件)、審査請求に係る山口県情報公開審査会からの答申の受理、情報公開条例及び個人情報保護条例開示請求状況(1~6月)、犯罪被害者等給付金支給裁定について報告を受け、決裁しました。
(2) 監察官室次長から監察関係業務について報告を受けました。
(3) 生活安全企画課長から山口県公安委員会事務の専決状況(6月中)、ぱちんこ屋の営業時間の制限に係る風営条例の改正について報告を受け、決裁しました。
(4) 生活安全部参事官からストーカー規制法に基づく警告の実施(2件)について報告を受け、決裁しました。
(5) 地域運用課長から警察職員等の援助要求について報告を受け、決裁しました。
(6) 交通企画課長から山口県公安委員会事務の専決状況(6月中)について報告を受け、決裁しました。
(7) 交通指導課長から山口県公安委員会事務の専決状況(6月中)について報告を受け、決裁しました。
(8) 運転免許課長から指定自動車教習所管理者の資格要件確認、山口県公安委員会事務の専決状況(6月中)について報告を受け、決裁しました。
(9) 公安委員会会務官から小串警察署協議会委員の辞職について報告を受け、決裁しました。

(編集 総務課)