ホーム 公安委員会の開催概要公安委員会の開催概要(平成28年9月14日)

公安委員会の開催概要(平成28年9月14日)

本日の定例会議では、以下のとおり、審議、決裁を行いました。

全体会議【県警察の運営や各種活動、取組等について報告・説明を受け、質疑・応答】

平成28年全国地域安全運動の実施について

● 目的

 

● 実施期間
  平成28年10月11日(火)から10月20日(木)までの間

● スローガン
  みんなでつくろう 安心やまぐち
  ~県民総ぐるみによる犯罪への抵抗力の強化~

● 運動重点
 ○ 子供と女性の犯罪被害防止対策(全国重点)
 ○ 特殊詐欺(うそ電話詐欺)の被害防止対策(全国重点)
 ○ 自転車盗の防止(県重点)
 ○ 侵入盗の防止(県重点)
 ○ 各警察署の犯罪発生実態に応じた被害防止(警察署重点)

● 犯罪のないまちづくり県民大会
 ○ 開催日時
    平成28年10月20日(木)午後1時30分から
 ○ 開催場所
    萩市大字江向 萩市民館
 ○ 主催
    山口県、山口県警察、萩市、公益社団法人山口県防犯連合会(会長:知事)
 ○ 内容
   ~1部~
   ・ 主催者挨拶(知事、警察本部長、萩市長)
   ・ 表彰(伝達)式(防犯功労者知事表彰等の伝達)
   ・ 来賓祝辞(公安委員長、県議会議長)
   ~2部~
   ・ 「自転車盗難被害防止コンクール」優秀校の表彰(本部長表彰等)
   ・ コンクール優秀校生徒による発表
   ・ 一般社団法人山口県防犯設備士協会専務理事による発表
   ~3部~
   ・ 警察音楽隊による演奏 

● その他
  うそ電話詐欺被害防止県下統一活動日(10月14日)

夏期における水難事故の発生状況について

● 期間
  平成28年7月1日(金)から8月31日(水)までの間

● 発生状況

 

● 防止対策
 ○ 本部
  ・ 地域部長指示の発出
  ・ 教育機関に対する水難事故防止協力依頼文の発出
  ・ ラジオ放送による「夏期の水難事故防止等」広報
  ・ 地域警察官を対象とした救急法実戦塾の開催
 ○ 警察署
  ・ 交番・駐在所速報や各種会合を通じた水難防止広報の実施
  ・ 管内の教育機関に対する水難事故防止協力依頼文の発出
  ・ 海水浴場へのパトロール及び警備艇による海上パトロールの実施
  ・ 水難救助(救急法)訓練の実施

● 主な活動事例
 ○ 海水浴場等における水難救助訓練の実施
    消防や機動隊、航空隊と合同により、海水浴場やダム等で水難事故現場を想定した実戦的な救助訓練を実施
 ○ 消防職員を講師とした救急法訓練の実施
    消防職員による、AEDの使用方法等救急法訓練の実施
 ○ ボランティア団体、関係機関と連携したパトロール等の実施
    防犯ボランティア、教育機関等との合同パトロールを実施

● 参考
 ○ 主要海水浴場(24か所)の人出数(暫定値)
    63万2,276人(前年比 +2万5,423人)

JA共済連と協同した交通安全CMの制作について

● 目的
  増加傾向にある高齢者被害の交通事故を抑止するため、JA共済連山口からの申し出を受け、協同してテレビCMを制作し、反射材の着用と原則ハイビームの使用を県民に呼びかけるもの。

● 制作協力団体
  全国共済農業協同組合連合会山口県本部(通称:JA共済連山口)

● 放送開始日
  平成28年9月21日(「秋の全国交通安全運動」初日)

● 放送局等
  県内民放3局(各局1日3回程度を予定)

● 構成等

 

反射材着用率アップチャレンジデーの実施結果について

● 目的
  例年9月から12月にかけて薄暮時を中心とした歩行者被害の交通死亡事故が多発傾向にあり、本年も同様の発生が懸念されることから、県民一人一人の反射材着用意識を向上させるため「反射材着用率アップチャレンジデー」を設定し、着用率の向上を図るもの。

● 実施年月日時
  平成28年9月9日(金) 午後7時から午後8時までの間

● 実施要領
 ○ 各警察署毎に、反射材着用イベント・キャンペーン等を実施し、イベント会場周辺の人通りの多い道路において全歩行者を対象に反射材着用率調査を実施する。
 ○ 着用率調査結果を署別に公表し、更なる着用率向上につなげる。

● 調査結果
  着用率25.6%

● 主な行事
 ○ 「ペットもくっきり!ピッカリナイトスクール」
   ペット愛好家やドッグトレーナーを招き、散歩時におけるペットへの反射材着用効果等について交通安全指導を行うもの
 ○ 「反射材広め大使」の委嘱及びマラソンランナーの活用による反射材普及活動
   犬の散歩をするボランティアを「反射材広め大使」に委嘱し、反射材の配布活動を依頼するほか、反射材着用マラソンランナー(署員)と自転車広報部隊が散歩中の高齢者に対して反射材を配布するもの。

● 反響
 ○ 犬用の反射タスキをもらったので、是非着けて散歩します。
 ○ 自転車用の反射材の種類の多さにびっくりした。子供の自転車にも着けたい。
 ○ 反射材がよく光ることが実感できた。効果的に活用したい。

 

個別会議【個々具体的な案件の審議、決裁】

(1) 生活安全企画課次長から猟銃所持に係る教習資格認定申請に対する対応、山口県公安委員会事務の専決状況(8月中)について報告を受け、決裁しました。
(2) 交通企画課長から審査請求に係る物件提出要求等、山口県公安委員会事務の専決状況(8月中)について報告を受け、決裁しました。
(3) 交通規制課長から総合サイクルイベント開催状況について報告を受けました。
(4) 交通指導課長から苦情申出への回答、山口県公安委員会事務の専決状況(8月中)について報告を受け、決裁しました。
(5) 運転免許課長から指定自動車教習所管理者の資格要件確認、山口県公安委員会事務の専決状況(8月中)について報告を受け、決裁しました。
(6) 運転管理課長から審査請求に伴う弁明書の提出について報告を受け、決裁しました。
(7) 首席監察官から監察関係業務について報告を受けました。
(8) 公安委員会会務官から苦情申出の受理、中国管区内公安委員会連絡会議の話題について説明を受け、決裁しました。

(編集 総務課)