ホーム 公安委員会の開催概要公安委員会の開催概要(平成29年2月1日)

公安委員会の開催概要(平成29年2月1日)

本日の定例会議では、以下のとおり、審議、決裁を行いました。

委員会議【公安委員のみによる審議】

公安委員会としての各種行事の調整を行うとともに、今後の業務について協議しました。

全体会議【県警察の運営や各種活動、取組等について報告・説明を受け、質疑・応答】

少年非行情勢(平成28年中)について

● 刑法犯少年

 

● 特別法犯少年

  

● 今後の取組
 ○ アクティブ・サポート・プランの推進
 ○ 少年相談員等ボランティアの充実と活性化
 ○ 児童ポルノ事犯の徹底検挙と児童、保護者の規範意識の向上

一定の病気等に係る相談等及び処分状況(平成28年中)について

● 平成28年の状況
  一定の病気等に係る相談等は前年に比べ微増し、それに比例して一定の病気等に伴う被処分者数も、取消及び停止のいずれにおいて微増

● 相談等状況

 

● 処分状況

 

● 相談等業務の推進状況
 ○ 「運転適性相談窓口」の受付機能充実と広報等
  ・ 受付専用電話、Eメール窓口の開設(4月1日)
  ・ 県警ホームページ、県警だより、交番・駐在所広報紙への掲載
  ・ ラジオの特集番組放送(5月9日)
 ○ 改正道路交通法の円滑な施行に向けた対応
  ・ 山口県医師会、郡市医師会、認知症疾患医療センターへの協力依頼等
  ・ 公安委員会指定専門医(認知症)の増員
  ・ 改正道交法(高齢運転者対策)に係る広報用ポスターの作成・配布

● 今後の対応
 ○ 運転適性相談等への的確な対応と窓口の周知
 ○ 関係機関・団体と連携した、臨時適性検査等の円滑な運用

「県警備業協会」との山口県「テロに強い安全・安心まちづくり」協定の締結について

● 趣旨
  我が国に対するテロの脅威が現実のものとなる中、国内でラグビーワールドカップや東京五輪大会など、テロの攻撃対象となり得る国際行事が相次いで開催されることを踏まえ、民間団体と県警察の相互理解・連携を一層強化し、テロに強い安全で安心な地域社会の構築に向けた官民一体のテロ対策を推進

● 締結日時
  平成29年1月31日(火)午後1時30分から午後2時まで

● 締結場所
  山口県警察本部

● 協定締結団体
  一般社団法人山口県警備業協会
  設立~昭和63年1月8日
  会長~玉田 晃(株式会社中国警備保障)
  加盟数~58社

● 協定内容
 ○ 県警察と民間団体が緊密に連携した協力・通報体制の確立
 ○ 民間団体や地域におけるテロ対策の気運を高めるための広報・啓発活動及び支援
 ○ テロの防止に向けた情報共有及び支援

● 締結式
 ○ 出席者
  ・ 山口県警察本部
    警備部長、外事課長等
  ・ 上記協定締結団体代表等
 ○ 次第
  ・ 開会
  ・ 協定趣旨説明
  ・ 署名、調印
  ・ 情勢説明
  ・ 写真撮影
  ・ 閉会
  

 

意見の聴取等結果報告

運転免許の行政処分に係る意見の聴取等の結果報告、処分理由等の説明を受けた後、処分の審査・決定を行いました。

個別会議【個々具体的な案件の審議、決裁】

(1) 警察県民課長から審査請求に係る弁明書の送付等について報告を受け、決裁しました。また、開示請求及び警察安全相談業務の状況(平成28年中)について報告を受けました。
(2) 教養課長から山口県警察拳銃射撃競技大会の実施について報告を受けました。
(3) 生活安全企画課長から古物営業法等に係る処分基準の改定について報告を受け、決裁しました。
(4) 生活安全部参事官から聴聞の開催について報告を受け、決裁しました。
(5) 交通企画課長から安全運転管理者等講習業務の委託及び資格要件について報告を受け、決裁しました。
(6) 交通規制課長から道路の指定に関する意見照会の受理及び回答について報告を受け、決裁しました。
(7) 運転免許課長から審査請求の受理について報告を受け、決裁しました。
(8) 首席監察官から監察関係業務について報告を受けました。
(9) 運転管理課長から自動車等運転者の行政処分及び講習の基準に関する内規の一部改正、停止処分者講習等業務の委託及び資格要件について報告を受け、決裁しました。
(10) 公安委員会会務官から警察署協議会委員の委嘱替え(4件)、苦情申出の受理について報告を受け、決裁しました。

(編集 総務課)