ホーム 公安委員会の開催概要公安委員会の開催概要(平成29年3月8日)

公安委員会の開催概要(平成29年3月8日)

本日の定例会議では、以下のとおり、審議、決裁を行いました。

委員会議【公安委員のみによる審議】

公安委員会としての各種行事の調整を行うとともに、今後の業務について協議しました。

全体会議【県警察の運営や各種活動、取組等について報告・説明を受け、質疑・応答】

訪日外国人等対策推進のための人的基盤の強化について

● 趣旨
 ○ 今後、増加が見込まれる訪日外国人等に係る事件・事故等への適切な対応には、語学能力を有する職員の存在が不可欠
 ○ 全職員を対象とした語学能力の有無を把握するシステムを構築するほか、初任科教養における語学能力の裾野拡大のための取組を推進
 ○ 当県の地理的情勢等を踏まえ必要とされる、韓国語の専門的人材を育成するための取組を推進

● 語学能力者の把握
 ○ 全職員対象の語学能力の登録
   様々な言語について、語学資格の有無にかかわらず語学能力を登録させることで、組織に潜在している語学能力を有する人材を把握

● 語学能力の裾野拡大
 ○ 初任科課程における語学教養
   交番等の現場でコミュニケーション支援資機材を活用しつつ、外国人に適切に対応できるための初歩的な語学能力の習得を目的として、全学生対象の「英会話」授業を実施

● 専門的人材の育成
 ○ 当県の情勢等を踏まえて組織内通訳要員を育成

猟銃等所持者の現状と銃砲一斉検査の実施について

● 所持者の推移

 
 
 

● 平成29年度一斉検査計画
 ○ 実施期間
   平成29年4月1日から同年5月31日までの間
 ○ 実施重点
  ・ 不適格者、ねむり銃、基準外銃砲の発見・排除
  ・ 適正な所持(許可用途)、保管状況の確認と指導啓発

● 検査実績(過去5年)
 ○ 検挙~9件5人
   銃砲の保管義務、実包の装填、実包の貯蔵基準

当面の交番・駐在所の統廃合等の状況について

● 方針
  警察基盤を強化し、効率的な地域警察運営を図るため、管内情勢に応じた交番・駐在所施設等の適正配置及び建替整備を行うもの。

● 概要
 ○ 幹部交番建替に伴う隣接駐在所の統合及び連絡所への転換(柳井警察署)
 

 

 ○ 駐在所建替に伴う隣接駐在所の統合及び連絡所への転換(柳井警察署)

 

 ○ 交番の建替(周南警察署、岩国警察署)
  ・ 周南警察署徳山駅前交番(平成30年2月頃完成予定)
  ・ 岩国警察署麻里布交番(平成31年3月頃完成予定)
  ・ 岩国警察署由宇交番(平成32年3月頃完成予定)

 
 

繁忙期における学科試験実施体制の強化について

● 趣旨
  例年3月は、高校卒業者の普通免許受験により、学科試験受験者数が大幅に増加するため、学科試験実施体制を強化しているが、本年は、3月12日の改正道路交通法の施行を控え、駆け込み的な受験も予想されることから、対応要員を増強して円滑な運転免許業務を推進するもの。

● 強化期間
  平成29年3月2日~3月31日
  (特別強化期間:3月2日から3月10日)

● 3月の受験状況(過去5年間)

 
 

 ○ 3月の特徴
  ・ 年間の約36.2%が3月に集中
  ・ 高校の卒業式翌日及び休日明けに集中
  ・ 1日平均約300人が受験

● 対応状況
 ○ 試験の複数回実施(タイムスケジュール)
  ・ 受付時間
    午前8時~午前9時30分(通常午前8時30分~午前9時30分)
  ・ 試験回数
    3回(通常1回)

 

 ○ 実施体制の強化
  ・ 通常延べ15人体制を、延べ31人体制に強化
  ・ 特別強化期間中は、延べ34人体制

意見の聴取等結果報告

運転免許の行政処分に係る意見の聴取等の結果報告、処分理由等の説明を受けた後、処分の審査・決定を行いました。

個別会議【個々具体的な案件の審議、決裁】

(1) 警察県民課長から審査請求に伴う山口県情報公開審査会への諮問、山口被害者支援センター平成29年度事業計画について報告を受け、決裁しました。
(2) 会計監査官から訓令に基づく会計監査の実施結果(平成28年度下半期分)について報告を受け、決裁しました。
(3) 捜査第二課次長から苦情申出への回答について報告を受け、決裁しました。
(4) 交通企画課長から審査請求に係る審理の終結及び裁決書(案)、業務委託に係る資格の認定、山口県公安委員会事務の専決状況(2月中)について報告を受け、決裁しました。
(5) 交通規制課長から山口県道路交通規則の一部改正、業務委託に係る資格認定(2件)、山口県公安委員会事務の専決状況(2月中)について報告を受け、決裁しました。
(6) 交通指導課長から苦情申出への回答、山口県公安委員会事務の専決状況(2月中)について報告を受け、決裁しました。
(7) 運転免許課長から審査請求の受理(2件)、審査請求に係る弁明書の作成(3件)、指定自動車教習所管理者の資格要件確認、業務委託に係る資格に認定(2件)について報告を受け、決裁しました。
(8) 警備課長から警察職員等の援助要求、山口県公安委員会事務の専決状況(2月中)について報告を受け、決裁しました。
(9) 監察官室長から監察関係業務について報告を受けました。
(10) 運転管理課長から行政手続法に基づく審査基準等の見直し、一定の病気における専門医・主治医の基準策定、停止処分者講習等業務委託の認定、審査請求に係る弁明書の作成(2件)について報告を受け、決裁しました。
(11) 公安委員会会務官から苦情申出の受理(2件)、警察署協議会委員の辞職願いについて報告を受け、決裁しました。
(12) 生活安全部参事官からストーカー規制法に基づく警告の実施(3件)、ストーカー規制法に基づく禁止命令の申出の受理について報告を受け、決裁しました。
(13) 生活安全企画課長から風俗営業許可の取消しに係る聴聞の実施要領、審査請求に係る事実を証する書類の提出について報告を受け、決裁しました。
(14) 警務課長から業務説明を受けました。
(15) 人事統括官から業務説明を受けました。

(編集 総務課)