ホーム 公安委員会の開催概要公安委員会の開催概要(平成29年6月28日)

公安委員会の開催概要(平成29年6月28日)

本日の定例会議では、以下のとおり、審議、決裁を行いました。

委員会議【公安委員のみによる審議】

公安委員会としての各種行事の調整を行うとともに、今後の業務について協議しました。

全体会議【県警察の運営や各種活動、取組等について報告・説明を受け、質疑・応答】

山口県警察訪日外国人等対策推進計画の推進状況について

● 趣旨
 ○ 県警察では、急増する訪日外国人等に対応するための治安基盤の確立に向け、平成28年7月に「山口県警察訪日外国人等対策推進計画」を策定し、部門横断的な取組を推進中
 ○ 計画策定から1年を迎え、これまでの取組状況を検証し、今後の取組を更に強化

● 計画推進状況
 ○ 外国人とのコミュニケーションの円滑化
  □ 主要な取組状況
   ・ 現場で活用可能な外国語会話集(英語・中国語・韓国語)の作成、配布
   ・ 県開設の多言語コールセンターの警察活動における活用
   ・ 上記の活用と留学生等の協力を得た実戦的訓練の実施   等
  □ 今後の取組
   ・ 翻訳機能付きタブレットの導入・活用
   ・ 訪日外国人等対応モデル交番の選定・運用    等
 ○ 我が国警察に係る制度、手続等の分かりやすさの確保
  □ 主要な取組状況
   ・ 遺失・拾得物や刑事手続等の外国語版説明資料の充実
   ・ 全駐・交番等における「POLICE」表記の実施
   ・ 全パトカー、事故処理車への「POLICE」表記の実施     等
  □ 今後の取組
   ・ 県警ホームページへの外国人閲覧用ページの開設
   ・ 全署及び主要観光地等管轄の駐・交番等への「POLECE」看板の設置等
 ○ 警察活動に係る基盤の整備
  □ 主要な取組状況
   ・ 警察学校における初任科生を対象とした語学教養の充実
   ・ 総合人事管理システムの改修による組織内の国際人材の把握
   ・ 英語、韓国語等、署情勢に応じた語学教養の実施
   ・ 市町主催のイベントにおける関係機関と連携した取組の実施等
  □ 今後の取組
   ・ 国際人材の組織的・計画的育成による部内通訳体制の充実
   

生活経済事犯対策強化期間の実施結果について

● 実施期間
  平成29年5月1日(月)から同月31日(水)までの間

● 重点対象事犯
 ○ 高齢者が被害に遭いやすい利殖勧誘事犯、特定商取引等事犯
 ○ 「090金融」等のヤミ金融事犯
 ○ 廃棄物等環境事犯、無承認医薬品販売等の保健衛生事犯
 ○ 偽ブランド販売等の知的財産権侵害事犯

● 期間中の検挙状況(暫定値)
 ○ 検挙件数 70件(前年対比+25件)
 ○ 検挙人員 80人(前年対比+33人)

● 主要検挙事件
 ○ 高齢者対象の床下工事に係る特商法違反(不実告知)事件
 ○ 化粧品のインターネット販売に係る商標法違反(商標権侵害)事件 
 ○ 食品卸店に係る食品表示法違反(賞味期限の改ざん)事件 等

県下通信指令・無線通話技能競技会の開催について

● 目的
 ○ 通信指令・無線通話技能の更なる向上
 ○ 全国通信指令・無線通話技能競技会出場選手の選考

● 開催年月日
 ○ 予選会
   平成29年7月10・11日
 ○ 本選会
   平成29年7月28日

● 競技会参加者
  県下16署、各署2名(警察署通信室役1名及び現場警察官役1名)

● 競技内容等
  想定事案に基づき、制限時間内で通信指令及び無線通話等を実施

意見の聴取等結果報告

運転免許の行政処分に係る意見の聴取等の結果報告、処分理由等の説明を受けた後、処分の審査・決定を行いました。

個別会議【個々具体的な案件の審議、決裁】

(1) 警察県民課長から犯罪被害者等給付金支給裁定、山口被害者支援センター平成28年度事業報告等について報告を受け、決裁しました。
(2) 警察安全相談総括官から苦情申出への回答について報告を受け、決裁しました。
(3) 人身安全対策課長から禁止等命令書の執行について報告を受け、決裁しました。
(4) 生活環境課長から苦情申出への回答について報告を受け、決裁しました。
(5) 地域運用課長から警察職員等の援助要求について報告を受け、決裁しました。
(6) 交通企画課長から審査請求に係る審理の終結及び裁決について報告を受け、決裁しました。
(7) 交通規制課長から開示請求への対応状況について報告を受けました。
(8) 監察官室長から監察関係業務について報告を受けました。
(9) 首席監察官から監察関係業務(2件)について報告を受けました。

(編集 総務課)