ホーム 公安委員会の開催概要公安委員会の開催概要(平成29年7月5日)

公安委員会の開催概要(平成29年7月5日)

本日の定例会議では、以下のとおり、審議、決裁を行いました。

委員会議【公安委員のみによる審議】

公安委員会としての各種行事の調整を行うとともに、今後の業務について協議しました。

全体会議【県警察の運営や各種活動、取組等について報告・説明を受け、質疑・応答】

人身安全関連事案の取扱状況(1~6月)について

● ストーカー事案

 

 ○ 過去5年の平均相談等件数は134件
 ○ ストーカー規制法違反事件の検挙は9件
 ○ ストーカー加害者に対する精神医学的治療の実施は2件

● 配偶者暴力事案 

 

 ○ 過去5年の平均相談等件数は461件
 ○ DV防止法違反事件の検挙は1件

● 児童虐待事案

 

 ○ 過去5年の平均通告児童数は99人
 ○ 児童虐待に伴う検挙は5件

警察用航空機「あきよし」の上半期の活動状況について

● 活動実績

 

● 効果的な活動事例
 ○ 警ら活動・初動対応
   交通事故等の対応のほか、山林火災、雑草火災等の所轄警察署、県防災危機管理課等へのヘリテレ映像送信
 ○ 救難救助活動
   山で遭難した登山者の捜索

   
  

平成29年夏の交通安全県民運動の実施について

● 運動の目的
  暑さによる注意力の減退、夏休みに入ってからの子供たちの開放感に加え、家族や若者のレジャーの活発化、県内外からの観光客の増加等から交通事故の多発が懸念されるため、県民一人ひとりに交通ルールの遵守と正しい交通マナーの実践を習慣づけ、夏期における交通事故防止を図るもの。

● 期間
  平成29年7月11日(火)から同年7月20日(木)までの10日間

● 主催
  交通安全山口県対策協議会

● 運動の重点
 ○ 運動の基本
  ・ 子供と高齢者の交通事故防止
 ○ 重点項目
  ・ スピードダウンの推進
  ・ 反射材・ハイビームの活用促進(本年より新設)
  ・ 飲酒運転の根絶
  ・ 自転車の安全利用の推進
  ・ シートベルト等の着用の徹底

● 警察の基本方針
 ○ 街頭活動の強化
  ・ 白バイ、パトカーを大量投入するほか、制服警察官による街頭立哨や検問等を通じ、多くの車両を停車させ職務質問するなど「見せつける活動」の強化
  ・ 重大事故に直結する悪質・危険性の高い交通違反取締りの徹底
  ・ 自転車運転者の違反行為に対する積極的な指導警告票の作成
 ○ 自治体や住民等、地域が一体となった活動の推進
  ・ 自治体、関係機関・団体の長等に対する積極的な働きかけ
  ・ 地域住民が一体となった効果的な活動の推進
 ○ 実効ある広報啓発活動の推進
  ・ 各種広報媒体の積極的活用と各種メディアへの積極的な情報提供

● 県下統一行動日
 ○ 7月11日(火)「スピードダウン」を呼びかける日
 ○ 7月13日(木)「反射材・ハイビームの活用促進」を呼びかける日
 ○ 7月14日(金)「飲酒運転の根絶」を呼びかける日
 ○ 7月19日(水)「自転車の安全利用」を呼びかける日
 ○ 7月20日(木)「シートベルト等の着用」を呼びかける日
  ・ 

意見の聴取等結果報告

運転免許の行政処分に係る意見の聴取等の結果報告、処分理由等の説明を受けた後、処分の審査・決定を行いました。

個別会議【個々具体的な案件の審議、決裁】

(1) 取調べ監督管理室長から被疑者取調べ監督視認業務の合理化について報告を受けました。
(2) 警察県民課長から犯罪被害者等早期援助団体に係る事業規程の一部改正について報告を受け、決裁しました。
(3) 交通企画課長から審査請求に係る審理の終結及び裁決、山口県公安委員会事務の専決状況(6月中)について報告を受け、決裁しました。交通関係業務(2件)について報告を受けました。
(4) 交通規制課長から山口県公安委員会事務の専決状況(6月中)について報告を受け、決裁しました。交通規制関係業務について報告を受けました。
(5) 交通指導課長から苦情申出への回答について報告を受け、決裁しました。
(6) 監察官から監察関係業務について報告を受けました。
(7) 監察官室次長から監察関係業務(2件)について報告を受けました。
(8) 公安委員会会務官から公安委員会委員長の選任、公安委員会開催日時の変更、防府警察署協議会委員の辞職願い、苦情申出の受理について報告を受け、決裁しました。

(編集 総務課)