ホーム 公安委員会の開催概要公安委員会の開催概要(平成29年7月19日)

公安委員会の開催概要(平成29年7月19日)

本日の定例会議では、以下のとおり、審議、決裁を行いました。

委員会議【公安委員のみによる審議】

公安委員会としての各種行事の調整を行うとともに、今後の業務について協議しました。

全体会議【県警察の運営や各種活動、取組等について報告・説明を受け、質疑・応答】

犯罪の起きにくい社会づくりの推進状況(1~6月)について

● 山口県内の状況(速報値)

 

● 月別認知件数

 

● 対策推進状況
 ○ 犯罪の起きにくい社会づくりの推進状況
  ・ 県自転車関連団体、二輪車普及団体等と連携した無施錠対策
  ・ タクシー事業者等による子供の見守り活動
 ○ うそ電話詐欺対策の推進状況
  ・ 金融機関によるATM振込利用制限、一定基準に基づく全件通報開始
  ・ 県内コンビニエンスストアにおける声かけ用クリアファイルの制作配布
  ・ 水際阻止の強化(阻止件数99件、前年同期比+60件)

● 今後の取組等
 ○ 自転車盗被害防止対策(強化期間、被害防止コンクール等に向けた取組)
 ○ 一定基準に基づく全件通報の定着に向けた金融機関対策(掲示物制作)
 ○ 防犯CSR活動の促進(企業等によるボランティア活動支援)

少年非行情勢(1~6月)について

● 刑法犯少年

 

 ○ 刑法犯少年は前年同期に比べ、24人(16.7%)増加
 ○ 学職別では中学生が52人(30.1%)で最多、有識・無職少年が倍増
 ○ 罪種別では窃盗犯が88人(52.4%)で最多、うち万引きが47人

● 特別法犯少年

 

 ○ 特別法犯少年は前年同期に比べ、14人(46.7%)減少
 ○ 法令別では、児童買春・児童ポルノ法違反が最多の9人
 ○ 児童ポルノの少年被疑者8人のうち、6人が中・高校生

● 今後の取組
 ○ 少年に手を差し伸べる立ち直り支援活動の推進
 ○ 少年の規範意識の向上を図るための少年リーダーズ活動の推進
 ○ 児童ポルノ事犯の徹底検挙と被害防止広報の推進
 ○ 不良行為少年に対する補導活動の強化

「職務質問実戦塾」の開催結果について

● 目的
  ロールプレイング訓練等を通じて女性目線での職務質問要領の教養を行うことにより、女性警察官及び若手地域警察官等の技能の向上を図るもの。

● 講師
  千葉県警察本部 地域部 地域課 職務質問指導班 女性警察官

● 場所
  警察学校 講堂

● 開催概要
 ○ 指導員・女性地域警察官対象
  □ 年月日
    平成29年6月29日(木)
  □ 対象者
    指導員・準指導員、女性地域警察官等
  □ 内容
   ・ 講義
     所持品検査等の実施要領や女性の対象者に対する職務質問要領
   ・ ロールプレイング
     女性被疑者の薬物事案を想定とした訓練
 ○ 若手地域警察官対象
  □ 年月日
    平成29年6月30日(金)
  □ 対象者
    採用後5年未満の若手地域警察官、初任科生
  □ 内容
   ・ 講義
     職務質問に関する基本的事項
   ・ ロールプレイング
     声かけ要領や所持品検査要領等基本的な訓練

● 反響
 ○ 指導員
   これまで女性の対象者への対応に戸惑いがちだったが、やるべきことが分かり、自信を持って職務質問をしていきたい。
 ○ 女性地域警察官
   女性の特徴を生かした対応要領を学ぶことができ、実際に現場で生かしていきたい。
 ○ 若手地域警察官
   職務質問の持つ魅力に触れることができ、積極的に声を掛けていきたい。
     

交通部直轄隊の活動状況(1~6月)について

交通機動隊

● 交通法令違反取締り状況
 ○ 悪質、特定違反等の取締り件数~3,416件
 ○ 道路交通法違反被疑者の強制捜査~1件

● 各種行事等への対応
 ○ 駅伝等先導~4回18台
 ○ 警察官採用活動等広報活動~13回14台
 ○ 山口県警察視閲式~1回12台
 ○ 各種キャンペーン、広報活動~9回、10台

● 下半期の活動方針
 ○ 交通事故抑止に資する交通指導取締りの推進
 ○ 本部関係各課、警察署と連携した悪質・常習違反者の徹底検挙
 ○ 交通死亡事故等重大事故発生署への集中運用
 ○ 殉職・受傷事故防止対策の徹底
 ○ 平成29年度山口県警察白バイ安全運転競技大会開催

高速道路交通警察隊

● 県内の高速道路における交通事故発生状況
 ○ 件数及び人数
  ・ 死亡事故~0件0人(前年対比 △5人)
  ・ 人身事故~47件93人(前年対比 △31件△29人(死亡事故含む))
  ・ 物損事故~603件(前年対比 +23件)
 ○ 死亡事故の発生なし、人身事故は減少、物損事故は増加、総発生件数は微減

● 交通法令違反取締り状況
 ○ 速度超過違反取締り件数~2,069件
 ○ その他の違反(進路変更等)取締り件数~3,845件 

● 下半期の活動方針
 ○ 重大交通事故に直結する悪質・危険な交通違反の取締り強化
  ・ 速度超過違反及び座席ベルト装着義務違反の取締り強化
  ・ 航空隊と連携した取締りの継続実施
 ○ 高齢ドライバー対策の強化
  ・ 高齢ドライバーの交通事故防止を目的としたキャンペーンの実施
  ・ 高齢者講習を活用した逆走事故防止広報・啓発活動の実施
 ○ 渋滞発生時における交通事故防止対策の強化
  ・ 交通機動隊及び関係警察署と連携した渋滞対策の推進
  ・ 道路管理者等と連携した渋滞事故防止対策の強化
 ○ 受傷事故防止対策の推進
  ・ 交通管理隊(西日本高速道路パトロール中国株式会社)との定期的な合同訓練
  ・ 災害図上訓練の実施
 

意見の聴取等結果報告

運転免許の行政処分に係る意見の聴取等の結果報告、処分理由等の説明を受けた後、処分の審査・決定を行いました。

個別会議【個々具体的な案件の審議、決裁】

(1) 警察県民課長から犯罪被害者等給付金支給裁定申請の受理について報告を受け、決裁しました。
(2) 留置管理課長から留置管理関係業務について報告を受けました。
(3) 生活安全企画課長から聴聞の実施、山口県公安委員会事務の専決状況(6月中)について報告を受け、決裁しました。
(4) 組織犯罪対策課長から山口県公安委員会事務の専決状況(4月~6月中)について報告を受け、決裁しました。
(5) 交通規制課長から交通信号機決定、交通規制決定、山口県道路交通規則の改正について報告を受け、決裁しました。
(6) 運転免許課長から審査請求に係る弁明書の作成(2件)、山口県公安委員会事務の専決状況(6月中)について報告を受け、決裁しました。
   改正道路交通法に伴う新制度(認知機能検査、新高齢者講習等)の現状について報告を受けました。
(7) 警備課長から山口県公安委員会事務の専決状況(6月中)について報告を受け、決裁しました。
(8) 交通指導課長から山口県公安委員会事務の専決状況(6月中)について報告を受け、決裁しました。
   交通指導関係業務について報告を受けました。
(9) 監察官室長から監察関係業務(2件)について報告を受けました。
(10) 公安委員会会務官から公安委員会委員の再任、下関警察署協議会委員の辞職願及び選任について報告を受け、決裁しました。 

(編集 総務課)