ホーム 公安委員会の開催概要公安委員会の開催概要(平成29年10月4日)

公安委員会の開催概要(平成29年10月4日)

本日の定例会議では、以下のとおり、審議、決裁を行いました。

委員会議【公安委員のみによる審議】

公安委員会としての各種行事の調整を行うとともに、今後の業務について協議しました。

全体会議【県警察の運営や各種活動、取組等について報告・説明を受け、質疑・応答】

サイバー犯罪捜査実戦塾の開催について

● 趣旨
  サイバー犯罪捜査に関して全国トップレベルの知識・経験を有する警察庁指定広域技能指導官を招聘し、サイバー捜査上の問題点や高度な情報技術を利用した犯罪への対処要領を習得するなど、県警全体の捜査能力の底上げを図るもの。

● 開催概要
 ○ 日時
  ・ 1日目~平成29年9月27日(水)午後2時から午後4時までの間
  ・ 2日目~平成29年9月28日(木)午前10時から正午までの間
 ○ 場所
   警察本部
 ○ 受講者
  ・ 1回目~約100人(全部門の警察官)
  ・ 2回目~約70人(サイバー犯罪捜査に従事する警察官等)

● 講師
  警察庁指定広域技能指導官(サイバー犯罪捜査)

● 講演内容
 ○ 9月27日(1回目)
  ・ 過去の誤認逮捕事案の問題点
  ・ 遠隔操作による押収資料の記録消去事案
 ○ 9月28日(2回目)
  ・ サイバー犯罪捜査手法を応用した各種捜査要領 等

● 反響・効果
 ○ 誤認逮捕の絶無、サイバー犯罪捜査への意識改革や捜査指揮の徹底を誓った。
 ○ 技術の進化と各種サービスの普及によって、犯行ツールも増加していることから、情勢の変化に対応できる捜査力を養う必要を感じた。
 

駐在所の活動状況について

● 体制等

 

● 活動状況
 ○ 創意工夫による地域に密着した活動
  ・ 熊出没地区に対する戸別訪問を実施しての注意喚起
  ・ 保育園児にカブトムシの幼虫を贈呈しての防犯指導等実施
  ・ 反射神経等の衰えにより物損事故を惹起した高齢男性に対する粘り強い説得により男性が運転免許証を自主返納
 ○ 犯罪検挙・被害未然防止活動
  ・ ATM警戒中、携帯電話で通話する高齢女性を発見し、還付金詐欺被害を未然防止
  ・ 住民に身近な犯罪を廃掃法や森林法違反等で検挙
 ○ 駐在所夫人と一体となった活動
  ・ 夫人と「うそ電話詐欺」被害防止の寸劇を共演
  ・ 「ふれあい駐在所&アンサンブル・ミニコンサート」の開催
  ・ 手人形劇団「なしごぼう」による寸劇の実施

 

● 士気高揚方策
 ○ 公安委員、本部長、地域部長等による駐在所の督励
 ○ 駐在所夫人表彰の実施等
 ○ 駐在所夫人と署長等幹部との懇談会を開催

改正道路交通法に伴う新制度の現状(施行6か月)について

● 高齢運転者対策(更新関係)
 ○ 認知機能検査(75歳以上のドライバーが免許更新をするとき)
   受検者~14,160人
   ・ 第1分類(認知症のおそれ)~308人
   ・ 第2分類(認知機能低下のおそれ)~3,218人
   ・ 第3分類(認知機能低下のおそれなし)~10,634人
 ○ 臨時適性検査又は診断書提出命令(75歳以上で認知機能検査の結果、第1分類の者)
   対象者308人のうち、診断書提出77人(うち認知症と診断され免許取消3人)自主返納78人
 ○ 新高齢者講習(70歳以上のドライバーが免許更新するとき)
  □ 高度化講習(75歳以上で認知機能検査の結果、第1分類、第2分類の者)
    受講者~1,123人
    ・ 第1分類~13人
    ・ 第2分類~1,110人
  □ 合理化講習(75歳未満及び75歳以上で認知機能検査の結果、第3分類の者)
    受講者~7,445人
    ・ 第3分類~4,267人
    ・ 75歳未満~3,178人

● 高齢運転者対策(特定の違反行為)
 ○ 臨時認知機能検査(75歳以上のドライバーが一定の違反行為をした場合)
   受検者~840人
   ・ 第1分類~16人
   ・ 第2分類~204人
   ・ 第3分類~620人
   ※ 一定の違反行為・・・一時不停止、信号無視、通行禁止、安全運転義務違反 等
 ○ 臨時適性検査又は診断書提出命令(臨時認知機能検査の結果、第1分類の者)
   対象者16人のうち、診断書提出2人(認知症以外)、自主返納3人、再検査で対象外8人、診察中等3人
 ○ 臨時高齢者講習(臨時認知機能検査を受け、検査結果が前回より悪くなっている者)
   対象者~65人
   受講者~43人

● 準中型免許
        
 
     

 

意見の聴取等結果報告

運転免許の行政処分に係る意見の聴取等の結果報告、処分理由等の説明を受けた後、処分の審査・決定を行いました。

個別会議【個々具体的な案件の審議、決裁】

(1) 生活安全企画課長から生活安全企画関係業務、開示請求への対応状況について報告を受けました。
(2) 人身安全対策課長から人身安全対策関係業務について報告を受けました。
(3) 交通企画課長から山口県公安委員会事務の専決状況(9月中)について報告を受け、決裁しました。
(4) 交通規制課長から山口県公安委員会事務の専決状況(9月中)について報告を受け、決裁しました。
(5) 監察官室長から監察関係業務について報告を受けました。
(6) 首席監察官から監察関係業務について報告を受けました。
(7) 運転管理課長から審査請求書の受理について報告を受け、決裁しました。
(8) 公安委員会会務官から平成30年中の定例公安委員会の開催日(案)、中国管区内公安委員会連絡会議における話題(案)、苦情申出の受理について報告を受け、決裁しました。

(編集 総務課)