ホーム 交通安全運転免許試験・審査・期限切れ運転免許試験受験手続のご案内

運転免許試験受験手続のご案内

News

 山口県公安委員会が行う運転免許試験は、「運転免許証の住所」・「住民票の住所」が山口県内の方に限ります。

試験科目

  • 第一種、第二種、仮免許

※ 技能試験は、全種目予約制です。
      電話又は窓口で直接予約してください。
※ 予約受付時間
      月曜日~金曜日 8時30分から17時00分まで
           (祝日、振替休日、年末年始の休日を除きます。)
※  予約先
   山口県総合交通センター 083-973-2900

受付日時・場所

  • 山口県総合交通センター
  • 月曜日から金曜日
    (祝日、振替休日、年末年始の休日を除きます)
  • 8時30分から9時30分まで(但し、午後の技能試験予約者及び原付・小特試験の受験者は、13時00分から14時00分まで)

  • 原付・小特試験は、住所地を管轄する警察署(山口南警察署を除く)でも
    毎月1回行っています。
    受付時間等詳しくは、各警察署へお問い合わせください。

必要書類

共通事項

  • 免許のある方
    • 運転免許証
      ※免許証の住所が山口県内の方に限ります。
  • 免許のない方

    ○住民票の住所が山口県内の方に限ります。
     本(国)籍の記載された住民票(住民基本台帳法の適用を受けない方は旅券等)
    (注)マイナンバーが記載された住民票は受け付けられません。

    (注)旅券等とは、旅券、外務省が発行する身分証明書又は権限のある機関が発行する身分を証明する書類をいう。 (住民基本台帳の適用を受けない方)

    ○免許のない方は本人であることを確認できる書類が必要です。
     健康保険被保険者証、個人番号カード(住民基本台帳カードについては有効なものに限る)、旅券、公の機関が交付した免許証・許可証・資格証明書・身分証明書、その他の書類(学生証・民間の社員証)
    等のうちいずれか1点
    ※マイナンバーの通知カードは確認書類として使用できません。

  • 申請用写真1枚(仮運転免許証申請者は2枚)
    縦3cm×横2.4cm 無帽 無背景 正面 6ヶ月以内に撮影されたもの

運転免許手続用写真のご案内

下記の項目に該当のある方に用意していただくもの

  • 自動車学校を卒業した方
    • 卒業証明書、仮運転免許証及び県内の自動車学校を卒業された方は、運転免許申請書(登録票)
  • 運転免許取消処分者講習を受講済みの方
    • 取消処分者講習終了証明書
  • 原付試験を受験される方で原付免許取得時講習受講済みの方
    • 原付講習終了証明書
  • 二種、大型、中型免許を受験される方のうち、過去に免許を保有していたが失効等したため、現在保有している免許では受験に必要な運転経歴が確認できない方
    • 運転免許経歴証明書
  • 自動車学校の卒業者以外の方(一般受験者)で、大型、中型、普通免許試験を受験される方
    • 仮免許証と路上練習申告書
  • 運転免許試験受験資格については、受験者によ って異なる場合がありますので、受験者本人がお問い合わせください。

申請手数料



 

種別 指定校卒業者 一般受験者 車両使用料
一種 普通 1,750円 2,200円 900円
大型・中型・準中型 1,600円 4,400円 2,650円
大特・二輪・けん引 1,750円 2,950円 1,550円
小特・原付 - 1,500円 -
二種 大型・中型・普通 1,750円 4,550円 3,100円
大特・けん引 - 2,950円 1,550円
仮免 大型・中型・普通 1,700円 2,850円 1,550円
限定解除・限定変更 1,450円 1,450円 1,550円

交付手数料

2,050円(ただし仮免許証は1,100円)

※ 2種目以上申請の場合、1種目超えるごとに200円追加

外国語での受験 

総合交通センターでは、英語及び中国語の学科試験も実施しています。

  • 英語及び中国語の試験問題
    第一種免許 (普通、二輪、大特、原付)
    仮免許 (普通)
  • 受験方法
    受験申請時に申し出てください。

原付技能講習

  • 原付免許は、原付講習を終了した証明書「原付講習終了証明書」がないと、試験に合格しても免許証の交付ができません。

原付講習は、県下の各自動車学校で予約制で行っています。事前の受講をお勧めします。  

  • 講習予約
    各指定自動車学校へ直接行う
  • 講習時間
    3時間
  • 携行品
    • 本(国)籍の記載された住民票(住民基本台帳法の適用を受けない方は旅券等)
    • 講習手数料 4,200円
  • 服装
    • 運動靴、長袖の上着、長ズボン、手袋

旅券等とは

免許申請時に、「住民基本台帳法の適用を受けない方」については、「旅券等」を提示しなければならないと規定されています。

旅券等とは、旅券、外務省が発行する身分証明書又は権限のある機関が発行する身分を証明する書類で、以下のものがあります。

  1. 旅券とは
    旅券(外国政府又は権限のある国際機関が発行した旅券又は旅券に代わる証明書を含む。)
  2. 外務省が発行する身分証明書とは
    1. 外交官身分証明票
    2. 領事官身分証明票
    3. 身分証明票
    4. 国際機関職員身分証明票
  3. 権限のある機関が発行する身分を証明する書類とは
    1. 在留資格認定証明書
    2. 仮上陸許可書
    3. 寄港地上陸の許可の証印がなされた旅券
    4. 通過上陸の許可の証印がなされた旅券
    5. 乗員上陸許可書
    6. 緊急上陸許可書
    7. 遭難による上陸許可書
    8. 一時庇護許可書
    9. 合衆国軍隊の構成員の身分証明書
    10. 在外日本公館が発行する国籍証明書及び日本国渡航証明書

(注)申請の際には、前記1~3までのいずれかの書類が必要になる他、「住所」に関し、居所地に滞在していることを証明する書類(寄宿先の世帯主やホテルの支配人の証明書等)が必要になります。

お知らせ

  • 聴覚に障害がある方の免許取得範囲の拡大について。
    平成24年4月1日から、聴覚に障害があり、全く聴こえない方も、普通自動車(乗用、貨物)、大型自動二輪車、普通自動二輪車、小型特殊自動車、原動機付自転車の運転(免許取得)が可能になりました。
  • 適性相談について
    体に障害がある方で免許の取得をお考えの方に対する、自動車の運転に必要な運動能力等の検査を含む適性相談を行っていますので、事前にお問い合わせ下さい。
  • IC免許証について
    山口県公安委員会では、ICチップを内蔵したIC免許証を交付しています。
    IC免許証にはICチップ内の免許データを保護するため4けたの数字2組の「暗証番号」の設定が必要になります。事前に決めてお越しください。
    詳しくはIC免許証のご案内をご覧ください。

注意事項

  •  運転免許行政処分中の方は、受験できません。
  •  過去に運転免許の拒否、取消し、6か月以上の運転禁止処分を受けた方、及び準取消処分者等の方が、その後新たに運転免許を取得される場合は、取消処分者講習を受講していないと受験できません。
  •  原付免許試験受験の方は、事前に原付講習を受講したことを証明する「原付講習終了証明書」の提出がないと免許証の即日交付を受けることができません。(取消処分者講習の受講者は除く。)

(編集 運転免許課)