ホーム 交通安全自動車の安全運転チャイルドシートの種類と正しい選び方

チャイルドシートの種類と正しい選び方

チャイルドシートの種類

乳児用

新生児~1歳頃(身長70cm以下、体重10kg未満)
乳児用チャイルドシート

 頭が重たいうえ、首が未発達で不安定なこの時期。乳児用チャイルドシートにはベットタイプとシートタイプがあります。シートタイプには、進行方向と反対の後ろ向きに約45度の角度で取り付けるものがあります。

幼児用

1歳頃~4歳頃(身長100cm以下、体重9~18kg未満)
幼児用チャイルドシート

 おすわりができるようになったらいす型のシートに。1歳前後から使うタイプは前向きに取り付けます。幼児用タイプのチャイルドシートは、1歳頃から使えるものや、生後4ヶ月頃から使えるものなど、種類や使用方法が様々なので、よく取扱説明書を読み、正しく使用しましょう。

学童用

4歳頃~10歳頃(身長135cm以下、体重15~36kg未満)
学童用チャイルドシート

 体格も大きくなり、座高を調節するためのシンプルな形になります。シートそのものには体を固定するベルトがなく、車のシートベルトを使います。でも、決して座布団やクッションでの代用はしないでください。肩ベルトが首にかかって危険です。

車にきっちり付くものを選びましょう

 座席の形、空間の広さなどは車種によって違います。実際にきっちり取り付けできるかどうか確かめるには試着してみるのが一番です。また、車のメーカーの中では、車種ごとに合う・合わないがわかる「適合表」を用意している所もあります。

チャイルドシートはレンタルできます

 市町や警察署内の交通安全協会などで、市町民や会員に、無料で一時的なチャイルドシート貸出サービスを実施しています。自治体によっては、チャイルドシートの購入に補助金を出すようなところもあるので、広報誌など情報をチェックし、早めに申込みましょう。

(編集 交通企画課)