ホーム 交通安全お知らせ平成27年秋の全国交通安全運動が実施されます

平成27年秋の全国交通安全運動が実施されます

秋から冬にかけては、交通事故による死者数も負傷者数も増加する時期になります。

日暮れが早くなることにより、純粋に夜の時間が長くなります。
また、気がついたら周囲が真っ暗になっており、ライトをつけるタイミングを失っていたり……。
こうした季節によるちょっとした変化で、交通事故の危険はあっという間に増えます。

秋の全国交通安全運動の期間中に、季節ならではの注意事項をしっかりと心にとめ、期間が終了した後も交通事故防止、安全運転を心がけてください。

実施期間

平成27年9月21日(月)から30日(水)までの10日間

重点目標

○ 子供と高齢者の交通事故防止
○ 夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗用中の交通事故防止
  (特に、反射材用品等の着用の推進及び自転車前照灯の点灯の徹底)
○ 後部座席を含めた全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底
○ 飲酒運転の根絶
○ スピードダウンの推進(県重点)

飲酒運転の根絶
夜間の交通事故防止

統一行動日

○ 9月24日(木)「子供と高齢者の交通事故防止」を呼びかける日
○ 9月25日(金)「飲酒運転の根絶」を呼びかける日
○ 9月28日(月)「後部座席を含めた全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用」を呼びかける日
○ 9月29日(火)「夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗車中の交通事故防止」を呼びかける日
○ 9月30日(水)「スピードダウン」を呼びかける日
○ 9月30日(水)「交通事故死ゼロ」を目指す日

交通安全スローガン

住みよい山口 いつも心に 交通安全

交通安全シンボルマーク

交通安全シンボルマーク

交通安全は「思いやり」と「ゆずり合い」の心からという意味で、道路で心(ハート)を形どり、その中に相互に交通安全を勧める運転者と歩行者を配しています。
また道路の心(ハート)は山口県の「Y」を表現しています。

(編集 交通企画課)