ホーム 交通安全お知らせ平成30年秋の全国交通安全運動が実施されます

平成30年秋の全国交通安全運動が実施されます

この時期は、日没時間が急激に早まります。
歩行者や自転車、障害物等の発見が遅れがちになり、交通事故の多発が懸念されます。
早め早めのライト点灯を心がけましょう!
また、秋は行楽シーズンでもあります。家族や仲間で出かける機会も増え、交通量も増加します。
季節ならではの注意事項をしっかりと心にとめ、一人ひとりが交通事故防止、安全運転を心がけてください。

実施期間

平成30年9月21日(金)から30日(日)までの10日間

運動の重点

○ 子供と高齢者の安全な通行の確保と高齢運転者の交通事故防止
○ 夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗用中の交通事故防止
○ 全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底
○ 飲酒運転の根絶
○ 反射材・ハイビームの活用促進(県重点)
○ スピードダウンの推進(県重点)

飲酒運転の根絶
夜間の交通事故防止

県下の統一行動日

○ 9月21日(金)「飲酒運転の根絶」を呼びかける日
○ 9月25日(火)「夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗用中の交通事故防止」を呼びかける日
○ 9月26日(水)「全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用」を呼びかける日
○ 9月27日(木)「反射材・ハイビームの活用」を呼びかける日
○ 9月28日(金)「スピードダウン」を呼びかける日
○ 9月30日(日)「交通事故死ゼロ」を目指す日

運動の目的

 この時期は、秋の行楽シーズンに入るため、家族や仲間でレジャーに出かける機会が増え、県内外からの観光客等により交通量の増加が予想される。また、秋口における日没時間の急激な早まりとともに、夕暮れ時や夜間には重大な交通事故の多発が懸念される。
 こうしたことから、県民一人ひとりに交通ルールの遵守と正しい交通マナーの実践を習慣付けることにより、交通安全意識を高揚させ、交通事故を抑止する。

運動の進め方

交通安全シンボルマーク

交通安全シンボルマーク

〇 運動の実施機関・団体は相互に連携を図り、運動の重点について地域と組織の
 実情に応じた具体的な実施計画を作成し、家族、学校、職場及び地域が一体と
 なった活動を推進する。
〇 この運動が県民総参加の運動となるよう運動の重点と実施事項の徹底を図ると
 ともに、新聞、テレビ、ラジオ等をはじめ、地域の各種広報媒体を活用して幅広い
 効果的な普及啓発活動を展開する。

山口県交通安全スローガン

住みよい山口 いつも心に 交通安全

(編集 交通企画課)