ホーム 交通安全交通事故防止悪質・危険な「あおり運転」禁止

悪質・危険な「あおり運転」禁止

 平成29年6月、神奈川県内の東名高速道路で、あおり運転等の悪質・危険な行為を原因とした悲惨な交通事故が発生しました。こうした悪質・危険な行為は重大事故等に直結します。
 県警察では「あおり運転」等の悪質・危険な運転に対する取締りを強化しています。運転手の皆さん!自分本位の運転ではなく、相手に対する「思いやり・ゆずり合い」の気持ちを持って運転しましょう。また、運転中に「あおり運転」などの行為を受けた場合、サービスエリアやパーキングエリア等の安全な場所に避難し110番通報しましょう。

妨害を目的とする運転の態様と違反の種別

運転の態様(例) 違反の種別(道路交通法)
前方の自動車に激しく接近し、もっと速く走るよう挑発する  車間距離保持義務違反(法第26条)
危険防止を理由としない、不必要な急ブレーキをかける 急ブレーキ禁止違反(法第24条)
後方から進行してくる車両等が急ブレーキや急ハンドルで避けなければならなくなるような進路変更を行う 進路変更禁止違反(法第26条の2第2項)
左側から追い越す 追越しの方法違反(法第28条)
夜間、他の車両の交通を妨げる目的でハイビームを継続する 減光等義務違反(法第52条第2項)
執拗にクラクションを鳴らす 警音器使用制限違反(法第54条第2項)
車体を極めて接近させる幅寄せ行為を行う 安全運転義務違反(法第70条)
初心運転者等保護義務違反(法第71条第5号の4)

故意に自車を他人の車に著しく接近させるなどの運転態様、当事者の認識、周囲の道路状況等に照らし、その行為が、相手の運転者に対する有形力の行使と認められる場合には、暴行罪(刑法第208条)が成立する場合があります。

警察庁ホームページへのリンクはこちら

(編集 交通企画課 大利)