ホーム 交通安全運転免許更新・再交付・記載事項変更高齢者講習のご案内

高齢者講習のご案内

高齢者講習とは

  • 運転免許証の更新期間が満了する日における年齢が70歳以上になる方に義務付けられている講習です。
  • 運転免許の更新期間が満了する日における年齢が75歳以上になる方は、認知機能検査を受検して講習を受けることが義務付けられています。
  • 70歳以上になる方で運転免許証を失効させ、再び免許を取得する際にも講習等が必要となります。

認知機能検査について

予約方法

 「高齢者講習通知書」又は「認知機能検査及び高齢者講習通知書」(はがき)は、更新期間が満了する日の約6か月前に届きますから、更新手続をするまでの間に、はがきに記載されているお近くの自動車学校に電話で予約してください。

  • 受講される方が多く、混雑が予想されますので予約は早めにしてください。

受講期間

  • 免許更新手続を行う方は、更新期間が満了する日前6か月以内に受講してください。
  • 失効後の再取得手続をされる方は、申請手続前に受講してください。 (高齢者講習終了証明書は、免許申請書を提出した日前1年以内に受けたものでなければなりません。)

講習場所

 「高齢者講習通知書」又は「講習予備検査(認知機能検査)及び高齢者講習通知書」(はがき)に記載されている自動車学校(希望する教習所で予約が取れないときなどは、他の自動車学校を選択することもできます。)

自動車学校 電話番号
 大島自動車学校  0820-72-0039
 岩国自動車学校  0827-41-0987
 柳井自動車学校  0820-22-0468
 玖西自動車学校  0827-84-0270
 光自動車学校  0833-77-3600
 下松自動車学校  0833-46-0336
 周南自動車学校 (専) 0834-33-8131
 南陽自動車学校 (専) 0834-62-2588
 高等自動車学校 (専) 0835-22-3825
 山口そうごう自動車学校  083-922-5241
 湯田自動車学校  083-924-4611
 小郡自動車学校  083-972-1058
 宇部自動車学校  0836-51-9090
 宇部中央自動車学校  0836-31-1717
 鴻城自動車学園  0836-41-8011
 西日本自動車学校  0836-41-6611
 厚狭自動車学校  0836-72-0357
 アイルモータースクール下関  083-287-0018
 山陽自動車学校  083-245-0161
 下関自動車学校  083-223-8157
 早鞆自動車学校  083-258-1034
 長門自動車学校  0837-22-0911
 萩自動車学校  0838-25-7000

必要書類等

  • 運転免許証
  • 「高齢者講習通知書」又は「認知機能検査及び高齢者講習通知書」(はがき)
  • 下記の手数料
  • 眼鏡、補聴器(必要な方はお持ちください。)

講習の内容等


※ 年齢、認知機能検査の結果によって以下のように講習内容、時間、手数料が異なります。
※ 75歳以上の方は、高齢者講習の前に認知機能検査(650円)の受検が必要です。
※ 認知機能検査と高齢者講習は、原則別の日に実施されます。
 


○認知機能検査の結果、「記憶力判断力が低下している」に該当された方は、認知症であるかどうかの判定のため、公安委員会が行う「臨時適性検査」を受けるか、医師の診断書を提出しなければなりません。

○「記憶力判断力が低下している」に該当されても、高齢者講習を受講して運転免許更新の手続をすることはできますが、臨時適性検査等の結果「認知症」であることが判明したときや、臨時適性検査を受けなかったときは、免許の停止や取消の処分を受けることとなりますので、「記憶力判断力が低下している」に該当された方は、臨時適性検査等の結果を待って高齢者講習を受講することをお勧めします。
 
 
免許 年齢 内容(時間) 手数料
小型特殊免許のみをお持ちの方
70~74歳の方 講義、運転適性検査(1時間) 2,000円
75歳以上の方で認知機能検査の結果が「記憶力判断力に心配がない」と判定された方
75歳以上の方で認知機能検査の結果が「記憶量判断力に心配がない」と判定された以外の方 講義、運転適性検査、個人指導
(2時間)
4,300円
上記以外の免許をお持ちの方
70~74歳の方 講義、運転適性検査、実車(2時間) 4,650円
75歳以上の方で認知機能検査の結果が「記憶力判断力に心配がない」と判定された方
75歳以上の方で認知機能検査の結果が「記憶量判断力に心配がない」と判定された以外の方 講義、運転適性検査、実車、
個人指導(3時間)
7,550円
 
  • 自動車の運転をされない方は、免許証の有効期限内に運転免許の全部取消(免許証の返納)を申請されれば、「運転経歴証明書」の交付を受けることができます。「運転経歴証明書」は、有効期限がなく、身分証明書として活用できます。




  •  

「チャレンジ講習」及び「高齢者簡易講習」について

チャレンジ講習とは
高齢者講習の代わりになる制度 
  • 免許の更新期間が満了する日前6か月以内であれば自動車学校で実施する「チャレンジ講習」に合格された方は、 高齢者簡易講習(任意講習)を受けることができ、受講されると高齢者講習は免除されます。(免許証の有効期限が切れた場合は無効)
    ※ 満75歳以上の方は、事前に認知機能検査を受け、その結果が、記憶力・判断力に心配のない方で、チャレンジ講習に合格された方です。
    ※ 二輪車・原付では実施しません。
予約方法
高齢者講習を実施しているお近くの自動車学校に電話で予約してください。
講習の内容等
普通免許以上の取得者の方が受けられる普通車による運転技能のテスト
【一般課題】 自動車学校の設定したコースの安全走行
【特別課題】 パイロンを置いてのスラローム走行
同乗する指導員が採点し、100点満点の減点方式で、70点以上の方が合格です。 
  • 時間 約30分
  • 手数料 2,650円
  • 不合格の場合
    再度チャレンジ講習を受ける。(その都度手数料が必要)
    高齢者講習を受講する。 
簡易講習とは
チャレンジ講習に合格された方が受けることができる講習です。
※ チャレンジ講習に合格し、更新期間満了までに受講する必要があります。
 
講習の内容
  • 講義(約30分)
    交通情勢や安全運転知識等についての座学
  • 運転適性検査(30分)
    視力に関する適性検査(夜間視力・視野検査)による指導
  • 時間 1時間
  • 手数料 1,400円

(編集 運転免許課)