ホーム 交通安全運転免許その他

その他

運転免許手続用写真のご案内

運転免許手続用写真のご案内

旅券等とは

免許申請時(免許を受けようとする方、免許証の国籍、氏名を変更した方)に、「住民基本台帳法の適用を受けない方」については、「旅券等」を提示しなければならないと規定されています。
旅券等とは、旅券、外務省が発行する身分証明書又は権限のある機関が発行する身分を証明する書類で、以下のものがあります。
 
旅券とは
旅券(外国政府又は権限のある国際機関が発行した旅券又は旅券に代わる証明書を含む。)
 
外務省が発行する身分証明書とは
  1. 外交官身分証明票
  2. 領事官身分証明票
  3. 身分証明票
  4. 国際機関職員身分証明票
権限のある機関が発行する身分を証明する書類とは
  1. 在留資格認定証明書
  2. 仮上陸許可書
  3. 寄港地上陸の許可の証印がなされた旅券
  4. 通過上陸の許可の証印がなされた旅券
  5. 乗員上陸許可書
  6. 緊急上陸許可書
  7. 遭難による上陸許可書
  8. 一時庇護許可書
  9. 合衆国軍隊の構成員の身分証明書
  10. 在外日本公館が発行する国籍証明書及び日本国渡航証明書
(注) 申請の際(免許証の記載事項変更届を除く)には、前記1~3までのいずれかの書類が必要になる他、「住所」に関し、居所地に滞在していることを証明する書類(寄宿先の世帯主やホテルの支配人の証明等)が必要になります。
 
【お問い合わせ】山口県総合交通センター TEL 083-973-2900

運転免許の自主返納(申請取消)のお知らせ

高齢や身体機能低下などにより自動車等の運転をやめる場合は、申請により全部又は一部の免許証を公安委員会へ返納することができます。
※ 取得免許の全部を返納された方は、希望により「運転経歴証明書」の交付を受けることができます。
 

申請場所・受付時間

総合交通センター
  ・ 全部取消
    月曜~金曜日(土曜、国民の祝日・休日、振替休日及び年末年始の休日を除きます。)
    10:00~12:00  14:00~16:30
    日曜日
    14:00~16:00
  ・ 一部取消
    更新・再交付と同時申請の場合
    月曜~金曜日(土曜、日曜、国民の祝日・休日、振替休日及び年末年始の休日を除きます。)
    8:30~9:30 13:00~14:00
県内の警察署(山口南警察署を除く)・幹部交番 ※住所地を管轄する警察署・幹部交番以外でも手続が行えます。
月曜~金曜日(土曜、日曜、国民の祝日・休日、振替休日及び年末年始の休日を除きます。)
8:30~16:30
NEWS
平成29年4月2日(日)から山口県総合交通センターに日曜日の自主返納窓口を開設しています。
受付時間は午後2時から午後4時までです。
なお、警察署での受付は平日のみとなります。
 

申請ができる方

  • 現在、有効な運転免許証をお持ちで下記事項に該当する方
    ※山口県内に免許証住所を有する方(本人)
    ※山口県内に住所がない方につきましては、事前に住所変更の手続が必要です。

取消しの種類

  1. 持っている免許を全部取消す。
  2. 持っている免許の一部を取消す。
※上位免許を取消すことができますが、下位の免許は取消すことができません。
 例1 大型免許と普通免許のうち大型を取消す→可能
 例2 大型免許と普通免許のうち普通を取消す→できません
※ 新たに免許証を作成しますので暗証番号の設定が必要です。
 
NEWS
 平成22年1月4日からICチップを内蔵したIC免許証を交付します。IC免許証にはICチップ内の免許データを保護するため4けたの数字2組の「暗証番号」の設定が必要となります。事前に決めてからお越しください。詳しくはIC免許証のご案内をご覧ください。
 

申請ができない方

  1. 運転免許が失効している方
  2. 行政処分等で、停止・取消処分中の方及びこれらの基準に該当している方
  3. 初心運転者講習の受講該当となっておられる方
  4. 再試験の受験該当となっておられる方

必要書類等

  • 運転免許証
  • 写真1枚(一部取消申請の方)サイズ たて3cm×よこ2.4cm
    ※6ヶ月以内に撮影された、無帽、無背景、脇の下から頭の先までが入っているもの。
    ※山口県総合交通センターで申請される方は写真は不要です。
  • 住民票等の住所を確認できる書類(事前に住所変更が必要な方)
    ※運転免許証の住所が県外の方は、事前に山口県内への住所変更が必要です。
    ※住所を確認できる書類としては、住民票の他に健康保険証、本人宛に届いた消印のある郵便物などがあります。いずれか1点を持参してください。
    ※マイナンバーが記載された住民票は受け付けられません。
    ※マイナンバーの通知カードは確認書類として使用できません。
 
  • 手数料
    ※免許の一部を取消す方で、交付を受けている免許以外の免許の交付を受けられる方は手数料2,050円が必要です。
    (事例)普通一種のみをお持ちの方が原付の交付を受ける場合
    ※1種目以上の免許を交付する場合は1種目ごとに200円加算
    ※持っておられる免許をすべて取消される方は手数料は不要です。

免許取消の範囲

  • 申請による取消しの際に受けることができる免許の種別
    申請取消しに係る免許の種類 受けたい旨の申出をすることができる免許の種類
    大型一種 中型一種、準中型、普通一種、小型特殊、原付
    中型一種 準中型、普通一種、小型特殊、原付
    準中型 普通一種、小型特殊、原付
    普通一種 小型特殊、原付
    大型特殊一種 小型特殊、原付
    大型自動二輪 普通自動二輪、小型特殊、原付
    普通自動二輪 小型特殊、原付
    大型二種 大型一種、中型一種、準中型、普通一種、小型特殊、原付、 中型二種、普通二種
    中型二種 中型一種、準中型、普通一種、小型特殊、原付、普通二種
    普通二種 普通一種、小型特殊、原付
    大型特殊二種 大型特殊一種、小型特殊、原付
    けん引二種 けん引一種
申出に係る免許の種類の制限(受けることができる免許の種類)
申出をする複数の免許が上位免許と下位免許の関係にあるときは、上位免許のみを交付する。
(事例)普通一種と大型自動二輪を受けておられる方が、普通一種について取消申請をした場合に、大型自動二輪と原付を希望する場合であっても、大型自動二輪のみを交付する。

代理人による自主返納について

 高齢者の方で病気等の理由により、山口県総合交通センターや最寄の警察署等まで赴くことが困難な場合、代理人による自主返納の申請をすることができます。

 手続については、事前に山口県総合交通センター又は最寄りの警察署等に相談していただき、代理人になろうとする方に
  • 委任状
  • 誓約書
  • 運転免許取消申請書

の必要書類を山口県総合交通センター又は最寄りの警察署等の窓口でお渡しします。

 自主返納を希望する本人に、委任状や運転免許取消申請書を記載していただき、代理人に運転免許証を預け必要書類とともに提出していただきます。

 代理人による自主返納の手続の機会に、運転経歴証明書の申請も行うことができます。


 委任状    誓約書

訪問による自主返納について

 代理人を委任することができない方は、警察職員が自宅等に訪問させていただき、自主返納の申請を受理することができます。

 手続の際に運転経歴証明書の申請もできますが、事前に申請用の写真1枚と山口県収入証紙(1,000円分)を準備しておいていただくことが必要です。

 詳しくは、山口県総合交通センター又は最寄りの警察署等にお問い合わせください。

注意事項

※申請取消しをした後に再度免許を取得する場合は、新たに受験手続をすることとなりますのでご注意ください。


【お問い合わせ】
ご不明な点につきましては山口県総合交通センターまでお問い合わせください。
電話 083-973-2900

「運転経歴証明書」の交付申請手続のお知らせ

運転免許証を自主的に返納された方などを対象に希望により「運転経歴証明書」を交付していましたが、平成24年4月1日からは、新たな様式に変わり、申請期間も免許返納後「1ヶ月以内」から 「5年以内」に延長されたほか、再交付や住所等の記載事項変更も受けられるようになりました。

この案内で「旧運転経歴証明書」とは、平成24年3月31日以前に交付された「運転経歴証明書」のことをいいます。

制度の特色

平成24年4月1日から発行される「運転経歴証明書」は、新規に交付を受けること(新規申請)ができる期間が、免許返納後「1ヶ月以内」が「5年以内」に延長されたほか、
  • 記載事項の変更届
  • 再交付申請
  • 旧運転経歴証明書の再交付申請(旧運転経歴証明書を、平成24年4月1日以降に発行される運転経歴証明書に切り替えること)
もできるようになりました。
 

受付日時・場所

  • 対象別申請先
    申請区分 申請先
    新規申請
    総合交通センター他どこの警察署・幹部交番でも手続ができます。
    ※住所地を管轄する警察署・幹部交番以外でも手続が行えます。
    記載事項変更届
    総合交通センター他どこの警察署・幹部交番でも手続ができます。
    ※住所地を管轄する警察署・幹部交番以外でも手続が行えます。
    再交付申請 
    旧運転経歴証明書の再交付 
    総合交通センターと県内の警察署
    ※幹部交番では再交付申請は手続できません。
  • 受付日時・場所
             総合交通センター          
    県内の警察署(山口南警察署を除く)・幹部交番
    月曜~金曜日 10時00分~12時00分
                     14時00分~16時30分
    日曜日         14時00分~16時00分
    月曜~金曜日 8時30分~16時30分
    運転経歴証明書の交付
    即日

    申請の約2週間後

    ※祝日、振替休日、年末年始の休日を除く

対象者

  • 新規申請
    山口県公安委員会で申請日前5年以内に申請による免許の全部取消しを受け、かつ、現に受けている運転免許のない方  
  • 記載事項の変更
    運転経歴証明書の住所等に変更があった方
  • 再交付
    運転経歴証明書を、亡失、盗難、滅失、汚損、破損した方
  • 旧運転経歴証明書の再交付
    旧運転経歴証明書の交付を受けている方で希望される方(ただし、免許返納後5年を経過している方は、記載事項が判読できる旧運転経歴証明書を所持している方に限ります)

必要書類

新規申請
  • 運転免許証(免許の全部取消し申請と同時に申請される方)
  • 住民票又は、住所、氏名、生年月日を確かめることのできる書類~免許の全部取消し申請と同時に申請される方は、不要です。
  • 申請用写真 1枚(山口県総合交通センターは不要)
  • 手数料 1,000円
記載事項の変更
  • 運転経歴証明書
  • 氏名の変更は、住民票(住民基本台帳法の適用を受けない方は旅券等)
    ※旅券等とは、旅券、外務省が発行する身分証明書又は権限のある機関が発行する身分証明書(住民基本台帳の適用を受けない方)
  • 住所の変更は、住民票又は住所を確かめることのできる書類
再交付
  • 運転経歴証明書(盗難、亡失した方を除く)
  • 氏名の変更は住民票(住民基本台帳法の適用を受けない方は旅券等)、住所の変更は、住民票又は住所を確かめることのできる書類~記載事項に変更のある方のみ
  • 申請用写真 1枚
  • 手数料 1,000円
旧運転経歴証明書の再交付
  • 旧運転経歴証明書(免許返納後5年以内の方で、旧運転経歴証明書を盗難、亡失した方を除く)
    ※ただし、免許返納後5年を経過している場合は、記載内容が判読できる旧運転経歴証明書を所持している方に限ります。
  • 氏名の変更は住民票(住民基本台帳法の適用を受けない方は旅券等)、住所の変更は住民票又は住所を確かめることのできる書類~記載事項に変更がある方のみ
  • 申請用写真 1枚
  • 手数料 1,000円

注意事項

  • 代理人による運転経歴証明書の申請は、自主返納と同時の機会のみ受け付けます。よって、自主返納後に運転経歴証明書を希望される場合は、直接本人に警察署の窓口にお越し頂くことになりますのでご注意ください。
  • 新規に交付申請される方は、山口県公安委員会で申請日前5年以内に、免許の全部取消申請をされた方に限ります。
  • 免許の全部取消し申請と同時に申請される方で、免許証住所と現住所等が異なる方は、住民票又は住所、氏名及び生年月日を確かめることのできる書類が必要となります。
  • マイナンバーが記載された住民票は受け付けられません
  • マイナンバーの通知カードは確認書類として使用できません。
  • 旧運転経歴証明書の再交付の対象者は、
    免許返納後5年を経過しておらず、現に旧経歴証明書を所持している方
    免許返納後5年を経過しておらず、旧経歴証明書を亡失等している方
    免許返納後5年を経過しているが、記載内容が判読できる旧運転経歴証明書を所持している方
    に限ります。
  • 旧運転経歴証明書の記載事項変更はできません。
  • 幹部交番では、平成27年4月1日から、申請用の証紙の販売日が、週3~4日になるため、販売日以外の日に申請する場合は、証紙の持込が必要となります。
  • 証紙の販売日については、手続を予定されている幹部交番へ直接お問い合わせください。

【お問い合わせ】

ご不明な点は、山口県総合交通センターまでお問い合わせください。
電話 083-973-2900

運転免許手数料について

 平成29年3月12日から、高齢者講習等の手数料が変更となります。
 手数料額の詳細は、以下の『運転免許手数料改正のお知らせ』をご覧下さい。

運転免許手数料の改正のお知らせ (PDF形式 : 121KB)

reader

(編集 運転免許課)