ホーム くらしの安全事件・事故ファイル事件・事故(4月20日)

事件・事故(4月20日)

還付金詐欺と認められる不審電話の発生(4月20日発表、下関署)

 4月20日、下関市居住のAさん(60歳代、女性)方に市役所の職員を名乗る男から、「医療費の払戻しの件で通知を送っているはずですが、今日が最終日です。」「もし、届いていないのであれば調査しますので、住所と氏名を教えてください。」等と電話があったが、不審に思ったAさんが警察に通報したため被害の発生はなし。

還付金詐欺と認められる不審電話の発生(4月20日発表、小串署)

 4月20日、下関市居住のAさん(70歳代、女性)方に市役所の職員を名乗る男から、「医療費の還付金があります。」「病院にかかられた際の支払の払戻しがあります。」「携帯電話とキャッシュカードを持って、お近くのATMコーナーに行って下さい。」等と電話があったが、不審に思ったAさんが警察に通報したため被害の発生はなし。

知人になりすました不審メッセージ事案(4月20日発表、岩国署)

 4月13日、岩国市居住のAさん(50歳代、女性)に対し、知人を名乗る者から、無料通信アプリ「ライン」を通じて、「電話番号、認証番号を教えて欲しい。」旨のメッセージが送信され、これを信用したAさんは、携帯電話番号及び認証番号を教えたところ、後刻、Aさんの知人のBさんから、「Aさんを名乗る者から、『電子マネーで3万円分送ってほしい。』というメッセージがあった。」という連絡を受け、不審に思ったAさんが警察に通報したため被害の発生はなし。

強盗致傷事件被疑者の逮捕(4月20日発表、宇部署)

 4月20日、少年A(男、無職)を強盗致傷で通常逮捕。  被疑者は、少年Bと共謀の上、4月13日、宇部市北琴芝の路上において、被害者から金員を強取しようと企て、少年Bが、被害者に所携のドライバーを突き付けて「金を出せ。」などと脅迫し、同ドライバーで被害者の顔面を殴打する暴行を加えて、現金を強取しようとしたが、被害者が抵抗したため、その目的を遂げず、その際、被害者に約1週間の加療を要する、左頸部挫創等の傷害を負わせた事実。4月13日に逮捕した少年Bが本件犯行を自供し、少年Aの関与が浮上したことから逮捕したもの。

市職員をかたる不審電話の発生(4月20日発表、山陽小野田署)

 4月20日、山陽小野田市居住のAさん(80歳代、女性)方に山陽小野田市国民健康保険課の職員を名乗る男から、「先日払戻しの書類を送らせてもらいました。見られましたか。」等と電話があったが、Aさんが、「そんなもの見ていません。知りません。」と答えたところ、相手方が電話を切断し、被害の発生はなし。

うそ電話詐欺事件の発生(4月20日発表、萩署)

 4月19日、萩市居住のAさん(90歳代、男性)方に山口県警の警察官を名乗る男から、「萩市内の金融機関職員が不正をしてお金を使い込んでいる。」「まとまった現金を引き出して欲しい。」「3千万円までなら、日本銀行協会が保証する。」「日本銀行の者が受け取りに行きます。」等と電話があり、この話を信用したAさんは、言われたとおり、萩市内の金融機関で1,000万円を払い戻し、その後、Aさん方を訪れた日本銀行職員を名乗る男に1,000万円を手渡して、だまし取られたもの。

建物火災の発生(4月21日発表、山口南署)

 4月21日、山口市秋穂二島の山口県水産研究センターから出火。異常発報により現場臨場した警察官が建物内部を検索中、建物内部で炎を確認したことから、施設設置の消火器により消火。出火原因等については捜査中。

(編集 総務課(広報係))