ホーム くらしの安全事件・事故ファイル事件・事故(6月22日)

事件・事故(6月22日)

還付金詐欺と認められる不審電話の発生(6月22日発表、周南署)

 6月22日、周南市居住のAさん(70歳代、男性)方に市役所介護保険課の職員を名乗る男から「介護保険を取りすぎたので、1万3,000円返還します。」などと電話があり、Aさんの妻が市役所や金融機関に確認したところ、うそ電話詐欺であることを指摘され、警察に相談したため、被害の発生はなし。

うそ電話詐欺事件の発生(6月22日発表、山口南署)

 6月19日、山口市の実家に帰省していた大学生のAさん(20歳代、男性)の携帯電話に「情報サイト登録の未納金が発生している。本日中に連絡がない場合、法的手続に移行する。」旨のメールが届いた。Aさんがメールに書かれた電話番号に電話をかけたところ、B社の社員を名乗る男から「未納料金がある。電子マネーを購入して支払ってほしい。」などと言われ、この話を信用したAさんは、山口市内のコンビニエンスストアで電子マネーを購入し、電子マネーの固有番号を伝えた。その後も、Aさんは、B社から「他にも未納金がある。」などと言われ、同月21日までの間、同様の手口で3回にわたり、電子マネーを購入して固有番号を伝え、計68万2,000円分の電子マネーをだまし取られたもの。

窃盗被疑者の逮捕(6月22日発表、岩国署)

 6月5日、住居不定のA男(26歳、無職)を、6月22日、自称東京都青梅市居住のB男(24歳、建設作業員)を窃盗で通常逮捕。
 A男らは、共謀の上、本年5月30日から翌31日までの間、広島市内の自動車販売店事務所に侵入し、現金約5万円、印紙等を窃取した事実。

売春防止法違反(周旋)被疑者の逮捕(6月22日発表、山口署)

 6月22日、いずれも山口市居住のA男(23歳、建設業)、B男(22歳、会社員)、C男(21歳、会社員)の3名を売春防止法違反で通常逮捕。
 A男らは、共謀の上、平成28年12月中、4回にわたり、山口市内において、D子(当時18歳)に対し、携帯電話機のアプリケーションを利用して募った男性を売春の相手方として引き合わせ、売春の周旋をした事実。

(編集 総務課(広報係))