ホーム くらしの安全事件・事故ファイル事件・事故(7月31日)

事件・事故(7月31日)

うそ電話詐欺被疑者の逮捕(7月31日発表、長門署)

 7月31日、福岡県筑紫野市居住のA男(40歳、無職)及び福岡県太宰府市居住のB男(39歳、運送業)を詐欺罪で通常逮捕。
 本年6月27日から翌28日までの間、氏名不詳者らと共謀の上、郵便局員、警察官及び銀行協会職員を装って、長門市内のAさん(60歳代、女性)方に電話を架け、「振り込め詐欺の犯人を捕まえたら、Aさんの口座情報が出てきたので、口座を凍結した。銀行協会なら凍結を解除できる。」「銀行協会の職員にカードを取りに行かせる。」などと嘘を言い、Aさんから、キャッシュカード4枚をだまし取った事実。
 本年7月10日、鳥取県鳥取署が被疑者両名を別のうそ電話詐欺事件で逮捕しているが、本件についても被疑者の犯行と認め、再逮捕したもの。

県災害警備本部等の設置(7月31日発表、警備課)

 7月31日午後5時40分、下関市に大雨・洪水警報が発表されたことから、同刻、警察本部及び関係警察署(3警察署)に災害警備本部を設置。

傷害被疑者の逮捕(7月31日発表、岩国署)

 7月31日、岩国市居住の男(53歳、無職)を傷害罪で現行犯逮捕。
 同日、岩国市内の飲食店において、Aさん(50歳代、男性)の顔面を両手で掴むなどの暴行を加え、顔面に擦過傷を負わせた事実。

(編集 総務課(広報係))