ホーム くらしの安全事件・事故ファイル事件・事故(8月21日)

事件・事故(8月21日)

強要被疑者の逮捕(8月21日発表、山口署)

 8月20日、山口市居住の男(34歳、自称人材派遣業)を強要罪で通常逮捕。
 本年8月8日、山口市内において、パチンコ店従業員であるAさん(30歳代、男性)に対し、「俺は元暴力団の者じゃ。お宅の店は設定を流しちょる。俺にも教えろ。」などと暴力団組織の威力を示して脅迫し、翌9日、Aさんにスロット台の高確率設定に関する情報を被疑者の携帯電話にメール送信させた事実。

転落車両の発見(8月21日発表、下関署)

 8月21日、下関市彦島西山町の南風泊漁港において、海中に転落している車両1台及び同車内から遺体1体を発見。車両が転落した経緯及び遺体の身元等については捜査中。

還付金詐欺と認められる不審電話の発生(8月21日発表、周南署)

 8月18日、周南市内のAさん(70歳代、女性)方に、市役所の保険課職員を名乗る男から「医療費の払戻金があるので、キャッシュカードと携帯電話を持ってATMに行ってほしい。」などと電話があり、Aさんは市内の商業施設のATMに赴いて男に電話を架けたが、途中、キャッシュカードや携帯電話を持参させられたことを不審に思い、男に「これは詐欺ですね。」と告げて電話を切断したため被害の発生はなし。

(編集 総務課(広報係))