ホーム くらしの安全事件・事故ファイル事件・事故(1月16日)

事件・事故(1月16日)

窃盗被疑者の逮捕(1月16日発表、宇部署)

 1月16日、宇部市居住の男(17歳、解体作業員)を窃盗罪で通常逮捕。
 平成29年11月11日、宇部市内の駐車場において、Aさん(20歳代、男性)所有の自動二輪車1台を窃取した事実。

窃盗被疑者の逮捕(1月16日発表、宇部署)

 1月16日、宇部市居住の男(62歳、無職[指定暴力団員])を窃盗罪で通常逮捕。
 平成27年11月、山口市内のスポーツ用品店において、同店設置のタブレット端末を使用して、A社に対しクレジットカードの発行申し込みをする際、自身が暴力団員であることを秘し、かつ、実在する会社に勤務しているように装って虚偽の内容を入力し、クレジットカードを自宅に郵送させ、これを窃取した事実。

うそ電話詐欺事件の発生(1月16日発表、山口署)

 平成29年11月3日、山口市居住のAさん(60歳代、男性)の携帯電話にB社名で、『有料動画の未納料金がある。』などと記載されたメールが届き、Aさんが関係先に連絡したところ、インターネットプロバイダー協会を名乗る男から「未納金が3件ある。解決したら全額返金する。」などと言われ、同月6日から翌7日までの間、3回にわたり、山口市内のコンビニエンスストア等において、男から電話で教えられたコンビニ決済で必要な固有番号を各店舗のレジカウンターで店員に伝え、現金合計80万円を支払った。
 さらに、同協会を名乗る男から「外国のサイトにも未払いがある。」「返金するには預貯金のロンダリングが必要なので、預貯金を出金して送ってほしい。」などと言われ、同月8日から同年12月21日までの間、5回にわたり、指定場所に現金合計1,900万円を宅配便で送付して、合計1,980万円をだまし取られたもの。

出入国管理及び難民認定法違反(以下「入管法違反」という。)(不法残留・資格外活動)被疑者の逮捕(1月16日発表、下関署・長府署[法務省広島入国管理局との合同摘発])

 1月16日、いずれもベトナム国籍で、下関市居住の男女4名及び住居不定の女1名(いずれも20歳代、アルバイト又は無職)を入管法違反(不法残留4名・資格外活動1名)で逮捕。
【不法残留】
 A男、B男は平成25年5月に、C女、D女は平成27年1月にベトナム社会主義共和国政府発行の旅券を所持して本邦に入国したが、それぞれ在留期間を経過したにもかかわらず、在留期間の更新又は変更を受けないで本邦から出国せず、本年1月15日まで下関市内に滞在し、不法に残留した事実。
【資格外活動】
 E男は、技能実習の在留資格をもって本邦に在留する者であるが、平成29年11月7日から本年1月16日までの間、法務大臣の資格外活動の許可を受けないで、下関市内の水産加工販売店においてアルバイトとして稼働し、在留資格に応じた活動に属さない報酬を受ける活動を行った事実。

(編集 総務課(広報係))