ホーム くらしの安全犯罪被害者への支援犯罪被害者への支援について

犯罪被害者への支援について

事件事故に巻き込まれた犯罪の被害者は、それに伴う直接的な被害だけではなく、その後生ずる精神的な不調や経済的負担などの二次的被害に苦しめられています。
 県警察では、被害者と最も密接に関わる機関として、被害者の抱えるこうした問題を少しでも軽減し解決するため、被害者の立場に立ったいろいろな支援活動を行っています。

被害者への情報提供

  • 各警察署に被害者連絡担当係を置いて、捜査状況の連絡など各種情報提供に努めています。
  • 被害者の方に、刑事手続の流れや民事上の損害賠償制度の概要などをわかりやすくまとめた「被害者の手引」を配付しています。

相談の受付、精神的な被害回復への支援

  • 被害者のニーズに応じた、各種被害相談窓口を開設しています。
  • ストーカー事案、DV(ドメスティック・バイオレンス)事案の被害者からの相談に適切に対応するため「人身安全対策室」を設置しています。
  • 心の傷の回復を支援するため、心理専門家によるカウンセリングを行っています

捜査過程における被害者の負担の軽減

  • 性犯罪の被害に遭われた方には、希望に応じて女性警察官が事情を伺うなどの配意に努めています。
  • 被害者支援要員に指定された警察職員が、必要に応じて被害者の方に付き添うなど精神的な負担の軽減を図っています。

被害者の安全の確保

  • 犯人からの仕返しなどを防止するため、被害状況に応じた方法で被害者の方の安全の確保に努めています。

関係機関・団体との連携した支援

  • 被害者に対する支援活動は、警察だけで万全の対応ができるものではありません。
    そこで、司法、福祉、教育、医療など被害者支援に関係する他の機関や、民間被害者支援団体が参加した「山口県被害者支援連絡協議会」を設立、互いに連携しながら、具体的な支援活動や県内の被害者支援の気運を盛り上げる活動を行っています。
  • 個々の事案に対し被害者の具体的なニーズを把握し、よりきめ細かな支援を行うために、県内全域をカバーする形で13の地域ネットワークを構築しています。

山口被害者支援センター

被害者やご遺族への経済的支援

  • 亡くなられた犯罪被害者のご遺族の方
  • 障害を負った犯罪被害者の方
  • 重い傷害や疾病を負い入院治療をされた犯罪被害者の方
に対して、社会の連帯共助の精神に基づき、国が一時金として給付する「犯罪被害給付制度」があります。

犯罪被害給付制度

(編集 警察県民課)