ホーム くらしの安全サイバー犯罪被害にあわないために

被害にあわないために

インターネット利用上の注意事項

1 ウイルス対策ソフトを利用しましょう

 インターネットを利用する上でコンピュータウィルスを無視することはできません。  市販のウイルス対策ソフトやプロバイダのサービスを利用し、あなたのパソコンを守りましょう。  そして、ウイルス対策ソフトのパターンファイルやOS,ソフトは、定期的に更新しましょう。  更に最近では、ウイルス対策ソフトで検知できないウイルスの発生が考えられることから、「不審なメールの添付ファイルを開かない。」、「不審なサイトのファイルをダウンロードしない。」等の慎重さが重要です。  また、ウイルス等に感染しても外部にパソコンの情報が漏えいしたりしないようにルータ等により、不必要な通信を遮断することもひとつの方法です。

コンピュータウイルス

2 ID・パスワードの管理は慎重に

 ユーザIDとパスワードは、様々なサービスを利用する際に利用者があなたであることを証明する大切な情報です。  人に教えたり、サイト等で安易に入力しないようにしましょう。  そして、パスワードは、IDに使用した文字や数字と同じ記号は使用せず、簡単に分かることがないようにし、定期的に変更しましょう。。  また、不特定多数が利用するパソコンを使用してID・パスワードを入力すると、ID・パスワードを第三者に盗られてしまうことがあるので、注意しましょう。

ID・パスワード

3 無線LANを正しく設定しましょう

 配線がいらない便利な無線 LANですが、そのまま使用していると他人が勝手に利用することが可能となる場合があります。  接続可能なパソコン等の通信機器を指定したり、通信の暗号化設定を行いましょう。  また、使用しないときは無線LAN機器の電源を切るようにしましょう。

無線LAN

4 架空請求や不当請求に注意しましょう

 メールや電話で身に覚えのない情報料の請求が送られて来たり、アダルトサイトや出会い系サイトの宣伝メールのリンク先を興味本位でクリックしたために、高額な請求をされるという事案が多発しています。  身に覚えのない請求については、相手から連絡があった際には毅然とした態度できっぱりと支払う意志がないことを示しましょう。  また、あやしいサイトについては、利用規約を十分確認する等の注意が必要です。

架空請求

5 フィッシングに注意しましょう

 最近、「ユーザIDの再設定が必要」「銀行口座等の利用期限が切れる」といった内容で企業を騙ったメールが届き、ユーザIDやパスワード等あなたの重要な情報を盗もうとする事案が発生しています。  そのような不審なメールが届いた場合は、その企業に真偽を確認する等の慎重さが必要です。

フィッシング

6  出会い系サイト、コミュニティサイト等で知り合った人を簡単に信用しない

 インターネット上等では人が良さそうに思えても、顔が見えない付き合いなので、信用できる人かどうかわかりません。その人と直接会ったり、個人情報を教えたりする前に、もう一度よく考えましょう。

出会い系サイト

7 個人情報を安易に公開しない

 掲示板やホームページに掲載されている情報は、日本国内だけでなく世界中の人々が見ることができます。自分の個人情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレスなど)を書き込んでいたため、悪用されたということもあります。具体的には、いたずらメールがきたり、誹謗、中傷を受けたりします。  個人情報を安易に公開しないようにしましょう。  また、クレジットカードの番号を入力する場合などは、特に注意しましょう。

個人情報公開

8 インターネットオークションの取引は慎重に

 商品落札後、先に代金を振り込んだが商品が送られてこないといった詐欺被害が多発しています。  エスクローサービス(商品と代金の同時決済サービス)の利用等、何らかの自己防衛を行いましょう。  また、取引相手の住所や電話番号が実在するか確認するなどの慎重さも必要です。  相手がフリーメール等を使用していて相手の素性が良くわからない時は取引をやめることも考えましょう。

オークション

9 インターネットのルールを守りましょう

 インターネット上にも守るべきマナー、いわゆる「ネチケット」が存在します。
 マナーを守り、楽しくインターネットを利用しましょう。
 ※ ネチケット(守ってほしいインターネットを使用する上でのルール)
   ○ 不審なサイト等は利用しない
   ○ 人を傷つけたり、嫌がるような書き込みなどはしない
   ○ 知らない人に個人情報を教えない
   ○ インターネットに名前や写真を安易に載せない
   ○ インターネットで知り合った人と気軽に会わない
   ○ 人のパスワードを勝手に使わない、教えない
   ○ 違法なファイルをダウンロードしない
   ○ クレジットカード番号等を安易に入力しない
   ○ チェーンメールは送らない

ルールを守ろう

10 その他

○ 関係機関へのリンク
  日本クレジットカード協会が作成したID・パスワードの使いまわしによる不正使用被害防止の広報ページ

ID・パスワードの使いまわしによる不正使用被害にご注意下さい(日本クレジットカード協会)

(編集 生活環境課)