ホーム くらしの安全サイバー犯罪フィッシング110番

フィッシング110番

 インターネット上の「フィッシング(Phishing)」とは、実在する銀行やクレジットカード会社、オークション会社などの企業を装い、電子メールやホームページを用いて個人の金融情報やID、パスワード等を聞きだそうとする手口です。

聞き出そうとする個人の情報の例

・ クレジットカード番号、キャッシュカード番号、暗証番号
・ 住所、氏名、電話番号
・ オンラインバンキング、オークション、プロバイダ、電子メール等のID、パスワード

 個人の金融情報やID、パスワード等が漏れると、これを悪用して現金を引き出されたり、本人になりすまして不正な売買をされたりするなど、犯罪被害に遭うおそれがあります。

 被害防止対策としては、金融機関やオークション会社等からのメールが届き、個人の情報(クレジットカード番号、暗証番号、ID、パスワード等)をインターネット上で入力するよう求められた場合には、安易に情報を入力することなく

 ○ 送られてきた金融機関やオークション会社等に問い合わせる。

 ○ 安全を確認した後でなければ、重要な個人情報等を入力しない。

等に心掛けるようにして下さい。

(※  企業の方は、顧客が騙されることのないよう注意喚起をよろしくお願いします。)
 「フィッシングと思われるメールが送られてきた」、「フィッシングに騙されて個人情報を入力してしまった」、「会社名義でフィッシングのメールを送信されてしまった」等フィッシングに関する被害があったり情報を入手した場合は下記の「フィッシング110番」へご連絡下さい。

※ フィッシングの手口
 フィッシングは、偽の「企業からのお知らせ」等メールを送って、偽のホームページに誘導し、ホームページ上でID、パスワードの入力をさせる手口です。

フィッシングの流れ

フィッシングの流れ

フィッシング110番メール

cyber.soudan@police.pref.yamaguchi.lg.jp

(編集 生活環境課)