ホーム くらしの安全子供を守る非行・被害防止コミュニティサイト等のワナ ~その人は本当に”イイ人”ですか?~

コミュニティサイト等のワナ ~その人は本当に”イイ人”ですか?~

コミュニティサイトと出会い系サイト

コミュニティサイトとは・・・

 ・ インターネットサイトに加入することにより、多人数とコミュニケーションがとれるサイトです。

出会い系サイトとは・・・

 ・ インターネット上で異性間の「出会い」の場を提供するサイトです。
 ・ 年齢制限があり、18歳未満の利用が禁止されています。

コミュニティサイト等の特性と危険性

無題

○ コミュニティサイトの特性
 ・  簡単に、誰でもいつでも接続できる。
 ・  ニックネームでも登録できるので匿名性が高く、直接顔を合わせることもないので被
  害者側の警戒感が低くなる。
 ・  書き込み内容が自己申告なので嘘を付くこともたやすく、言葉巧みに相手をだます
  ことができる。

○ 出会い系サイトの特性
 ・  18歳未満が利用することは法律で禁止されているが、中には違法なサイトも存在す
   る。
 ・  コミュニティサイトと同じく、匿名性が高く簡単に嘘を付くこともできる。

 どちらも犯罪者が悪用しやすい特性があります!!

○ コミュニティサイト等の危険性
  コミュニティサイト等に関係した事件では
  ・  殺人、強盗などの凶悪事件
  ・  詐欺、恐喝などのお金に関する事件
  ・  児童買春、児童ポルノ事件などの児童の心身に著しい悪影響を及ぼす事件
 など、全国各地で多くの被害が発生しています。

 山口県内でも、被害児童数は高水準で推移しています。

児童・生徒の皆さんへ

 まず、出会いサイトは絶対に利用しないようにしましょう。
 コミュニティサイトでは、同じ趣味の人や、好きなものが一緒の人と簡単に知り合うことができます。
 しかし、コミュニティサイトを利用する人、全員が”イイ人”とは限りません。
 犯罪者は優しい言葉で身近に忍び寄り、皆さんを傷付け、ときには命まで奪っていきます。
 『自分だけは大丈夫』と思わず、コミュニティサイトを利用するときは十分に注意し、困ったことがあれば自分だけで解決しようとするのではなく、両親をはじめとする周囲の大人に相談しましょう。

保護者の皆様へ

 スマートフォンやパソコンは、現代社会において、連絡手段や情報収集の手段として欠かせないものとなりました。
 さらに、ゲーム機器等からもインターネットに接続できるなど、便利な反面、お子様がインターネット上の有害情報に接する可能性が高くなりました。
 そこで、保護者の皆様にお願いしたいことがあります。
     ○ お子様にスマートフォン等を買い与える時は、あらかじめ使用時間や、利用方法について家庭でルール作りをしましょう。
     ○ 安易にインターネットを利用することの危険性について家族で話し合いましょう。
     ○ インターネットに接続できる機器には、必ずフィルタリング機能を利用しましょう。
 特に、フィルタリング機能を利用することで、有害情報からお子様を守ることができます。

(編集 少年課)