ホーム くらしの安全子供を守る非行・被害防止許すな!児童ポルノ

許すな!児童ポルノ

 児童ポルノは、児童に著しい精神的苦痛を与えるだけでなく、児童ポルノ画像が一旦、インターネット上に流出すると回収することが極めて困難となり、将来にわたって児童を苦しめることとなるため、絶対に許すことができません。
 警察では、児童の権利を守り、保護の徹底を図るため、児童ポルノの根絶に向けた取締りを強化していますが、児童ポルノを根絶し、児童を被害から守るためには、皆さんの協力が必要です。

児童ポルノとは

児童虐待

 「児童買春、児童ポルノに係る行為等の規制及び処罰並びに児童の保護等に関する法律」で、次のように定義されています。
※ 児童~男女を問わず18歳に満たない者


 写真、電磁的記録に係る記録媒体その他の物であって、次のいずれかの児童の姿態を視覚により認識することができる方法で描写したもの
 ○ 児童を相手方とする又は児童による性交又は性交類似行為に係る児童の姿態
 ○ 他人が児童の性器等を触る行為又は児童が他人の性器等を触る行為に係る児童の姿態であって性欲を興奮させ
   又は刺激するもの
 ○ 衣服の全部又は一部を着けない児童の姿態であって、殊更に児童の性的な部位が露出され又は強調されているも
  のであり、かつ、性欲を興奮させ又は刺激するもの

※ 児童ポルノに関する犯罪に対しては、重い刑罰が科されます。
    ○ 1年以下の懲役又は100万円以下の罰金
  
   ・ 自己の性的好奇心を満たす目的での児童ポルノ所持
   ○ 3年以下の懲役又は300万円以下の罰金
  
   ・ 児童ポルノ提供
     ・ 提供目的での児童ポルノ製造・所持・運搬・輸入・輸出
     ・ 児童に姿態をとらせる児童ポルノ製造
     ・ 盗撮による児童ポルノ製造
  
○ 5年以下の懲役若しくは500万円以下の罰金又は併科
    
・ 不特定又は多数に対する児童ポルノ提供、公然陳列
     ・  不特定又は多数に対する提供、公然陳列目的での児童ポルノ製造・所持・運搬・輸入・輸出
     ・  不特定又は多数に対する提供、公然陳列目的での児童ポルノの外国への輸入、外国からの輸出

児童ポルノ事件の検挙・被害の状況(山口県)

 平成28年中の検挙件数は46件、検挙人員は27人、被害少年は31人となっています。
 スマートフォンの急速な普及等により、インターネットの利用環境が大きく変化したため、少年が被疑者又は被害者となる児童ポルノ事案が増加傾向にあります。
 

児童ポルノ事件検挙・被害状況

被害に遭わないために

 言葉巧みにだましたり、脅して裸の写真を撮影させ、携帯メールやSNSなどでその画像を送信させる事件が発生していますので、裸の画像を送るように言われても、絶対に送らないでください。

児童ポルノロゴ

児童ポルノ根絶のために

情報提供のお願い

 児童ポルノに関する皆さんからの情報提供をお願いします。
 インターネット上で児童ポルノ画像(疑わしいものも含む)を発見した場合には、匿名でも構いませんので
    山口県警察本部少年課 又は 最寄りの警察署
まで御一報ください。

児童ポルノなどの被害に関する相談窓口

○ 東部少年サポートセンター   0827-23-5150
   (岩国警察署内)          0120-48-5150(フリーダイヤル)


○ 中部少年サポートセンター  083-925-5150 
   (警察本部少年課内)    0120-49-5150(フリーダイヤル)


○ 西部少年サポートセンター   083-222-5150
   (下関警察署内)         0120-62-5150(フリーダイヤル)

    ※ 少年サポートセンター職員の受付時間は、
       月曜日~金曜日(祝祭日、年末年始を除く)8:30~17:15です。
    ※ 夜間、休日は警察本部の警察官が受け付けています。
    ※ 携帯電話・PHSからは、フリーダイヤルをご利用できません。

(編集 少年課)