山口県警察

山口県警察

自転車の違反と罰則知っていますか?


 自転車の通行方法は、道路交通法で規定されています。危険な乗り方はしないように注意しましょう。

◆ 携帯電話の使用

 携帯電話の操作に気を取られて、車や歩行者に対する注意力が散漫になります。さらに、片手運転のため、ハンドルやブレーキの操作が遅れ、事故に遭うおそれがあります。

→ 5万円以下の罰金

◆ イヤホンやヘッドホンで音楽を聴く

 音楽を大音量で聴いていると、近づいてくる車の音やクラクションに気づくのが遅れてしまいます。周囲の「音」は、事故を避けるためには欠かせない情報です。

 → 5万円以下の罰金

◆ 傘さし運転

 傘さし運転では、視界が悪くなるうえ、片手運転のため、とっさの危険回避が難しくなります。雨の日に自転車に乗るときは、レインコートを着て運転しましょう。

 → 5万円以下の罰金

◆ 信号無視・一時不停止

 信号は必ず守りましょう。道路を通行する人の基本的なルールです。また、「一時停止」の標識がある場所では、必ず止まって周りの安全を確認しましょう。

 → 3月以下の懲役又は5万円以下の罰金

◆ 並進

 自転車は2台、3台と横に並んで通行してはいけません。他車の通行をさまたげたり、交通事故に遭うおそれがあります。
 道路の左端を縦に一列で通りましょう。(だだし、「並進可」の標識があれば2台まで並んで走行できます。)

 → 2万円以下の罰金又は科料

◆ 二人乗り

 バランスが崩れやすく、とても危険です。

 → 2万円以下の罰金又は科料

◆ 右折、左折時の合図不履行

 車両(自転車を含む)の運転手は、左折、右折、転回(Uターン)、徐行、停止等又は同一方向に進みながら進路をかえるときは、手、方向指示器などで合図をしなければいけません。

 → 5万円以下の罰金

◆ 夜間の無灯火

 夜間は必ずライトをつけましょう。

 → 5万円以下の罰金

◆ 飲酒運転

 飲酒して自転車に乗ってはいけません。

 《 酒酔い 》
    → 5年以下の懲役又は100万円以下の罰金
 

(編集 交通企画課)

■自転車の安全利用

自転車を安全に利用するために

自転車を安全に乗るための必要条件

自転車の違反と罰則 知っていますか?

自転車に関する道路標識等

幼児2人同乗用自転車に乗る場合

ブレーキがない自転車の運転は違法です!

TSマークは安全のしるし

タンデム自転車で県内の一般道路が走れます

サイト共通メニュー

ホーム> 交通安全> 自転車の安全利用> 自転車の違反と罰則知っていますか?


山口県警察本部
〒753-8504 山口市滝町1-1
電話:083-933-0110
FAX:083-925-8050