山口県警察

山口県警察

ゾーン30とは


「ゾーン30」ってどんなもの?

★生活道路が集積している区域を「ゾーン」として設定します。
★ゾーン内の最高速度を30km/hに規制し、歩行者や自転車の安全を優先した各種交通事故防止対策を行います。

具体的に何をするの?

次のような対策を行って住民の皆さんが生活しやすい交通環境を作ります。
★ゾーン入口に最高速度30km/hの区域規制標識や専用の路面標示を設置して、「ゾーン」を分かり易くします。
★歩道や路側帯を設置して、歩行スペースを確保します。
★通行禁止などの交通規制により、抜け道利用の自動車の通行を抑制します。
★車道を狭くするなどの道路改良により、自動車を通りにくくして走行速度を抑制します。

「ゾーン30」を行えば?

★歩行者等の通行が優先されます。
★通過交通が可能な限り抑制されます。

(編集 交通規制課)

■交通事故防止

悪質・危険な「あおり運転」禁止

交通安全定期診断

車のライトを上手に活用〜ハイビーム・ロービーム〜

速度規制の必要性及び規制速度決定の考え方

山口県警察における速度管理指針

スピードダウン県民運動に参加しよう!

運転卒業証制度

ハイビーム・くっきりナイト運動

ゾーン30とは

運転適性相談窓口(病気関係)

交通死亡事故遺族の声の掲載について

サイト共通メニュー

ホーム> 交通安全> 交通事故防止> ゾーン30とは


山口県警察本部
〒753-8504 山口市滝町1-1
電話:083-933-0110
FAX:083-925-8050