ホーム 申請・手続風俗営業特定遊興飲食店営業セルフチェック

特定遊興飲食店営業セルフチェック

風営法の改正に伴い新設されることとなった「特定遊興飲食店営業」の定義は概ね以下のとおりとなっています。
  

 ○ 設備を設けて客に遊興させる。
 ○ 客に飲食をさせる営業(酒類を提供するもののみ)
 ○ 午前0時以降に営業するもの。

このような営業を行う場合は、許可が必要となります。

なお、確認結果はあくまで目安であり、許可が必要かどうかについては、個別に判断する必要がありますので、必ずお近くの警察署までご相談ください。

○ 特定遊興飲食店営業セルフチェック(警察庁ホームページにリンク)

 

(編集 生活安全企画課)