ホーム 申請・手続交通関係保管場所手続の概要について

保管場所手続の概要について

1 警察署で取り扱う保管場所関係手続

保管場所に関する手続には、以下の(1)~(4)があります。 登録自動車(普通車)と軽自動車(軽四)では、手続が必要な地域や申請書類、手数料等が異なりますので注意してください。

 #

2 根拠法令

自動車の保管場所の確保等に関する法律

3 保管場所の要件

駐車場

・使用の本拠の位置から2キロメートル以内(直線距離)であること。
・自動車が通行可能な道路から支障なく出入りでき、かつ、自動車全体を収容できるものであること。
・駐車場、車庫、空き地等道路以外の場所であること。
・保管場所を使用する権限を有していること。

4 「使用の本拠の位置」とは

 個人の場合は、実際に居住しているところ(通常は住民票と一致)、法人の場合は、事業所営業所等活動の実態があるところ、すなわち、自動車の保有者その他自動車の管理責任者の所在地をいいます。 自動車を運行の用に供する拠点として使用し、かつ、自動車の使用の管理をするという実態を備えている場所であるか、否かで判断されますので、たとえ 申請者(届出者)名義であっても、更地だったり物置しかない土地、居住実態のない空き家等は、「使用の本拠の位置」とは認められません。

5 受付窓口

保管場所(車庫)の位置を管轄する警察署 ※住所地等ではありません

6 受付時間

月曜日から金曜日(祝日及び年末年始の休日を除く)
午前8時30分~午後5時15分

7 必要な手数料

(1)登録自動車の保管場所証明の交付手続(2,700円)
(2)軽自動車の保管場所届出手続(600円)
(3)登録自動車の保管場所変更の届出手続(600円)
(4)標章再交付申請手続(600円)

(編集 交通規制課)